動物愛護団体ARK-ANGELS 代表ブログ「ずばり一言!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームレスの犬たち

本日はレスキューで忙しい一日でした。

忙しい合間に、ホームレスの飼犬たちの不妊手術を実施しています。
彼らは、世捨て人になっていますが、寂しいのか、住んでいる所で犬を飼っています。
人間不信の彼らは、物言わぬ犬を家族のように愛育しています。

飼い方の是非はあるかもしれないが、捨てる事はしていません。

一日、ダンボールや空き缶を集めて働いています。
今日、丸一日、働いて800円だったそうです。
そしてそのお金で自分の食料を買い、犬の缶詰やフードも買っていました。

5頭いた犬のうち、4頭の不妊手術を行いました。
順次、施術していくつもりです。
彼らには繁殖制限のために不妊手術をする費用がありません。
かといって、放っておくとどんどん、増えていきます。

リードと首輪も届けました。
放し飼いにされると、通行人が怖がりますし、事故があってもいけない。

繁殖制限の意味合いを説明しました。
病気予防と望まれない子を増やすのはよくない事も説明し、理解を求めました。
素直な人たちでした。
ちゃんと、こちらの意味合いを理解してくれて犬達を私たちに預け、
動物病院にて治療をし、ワクチン、フィラリア予防、フロントラインも済ませて彼らの元に戻しました。

自分達ではこういった事が出来ないけど、本当はしてあげたい。
犬のためにはフィラリア予防やワクチンをしたいとも言っていました。

犬たちは、人に従順です。
ホームレスたちに飼われているが、毎日、一緒に居る。
いつも傍に飼主が居る。
それだけでいいんでしょうね。

富裕層、貧困層。人間社会には有ります。
でも、犬たちは飼われている環境など関係ないのです。
どれだけ、自分に愛情を掛けてくれているのかが問題なのです。

これからもワンたちを大切にしてくれるのなら、フードを毎月、届ける約束をしました。
そうすれば、犬たちはひもじい思いをしないで済む。

私の目的は、それだけです。

犬を捨てる、普通の生活をしている人間より、ずっとましです。
金儲けの為だけに劣悪な環境で過ごしているワンたちよりもホームレスの下に居る方が幸せ。

そう感じたのは、私だけでしょうか?

今日、彼のところにシーズーが1頭居ました。
どうしたのかと尋ねたら、迷子になってうろうろしていたので車に轢かれたら大変だから保護している。と。
私があげた鎖でちゃんと繋いでくれていました。

まっ先に、「有難う」とお礼を言いました。
スポンサーサイト

優しさ、思いやり

毎日、目まぐるしいほどの活動である。

この活動をしていて休む事はほとんどない。スタッフ全員がである。

週2回は、処分施設に出向き、処分寸前のワンたちを救う。
それ以外、事務所には毎日のように保護の依頼、相談がある。

ようもこれだけ、捨てるもんだなぁ。と他人事のように感心してしまう位である。

飼主のモラルの低下。で、片付けられたらなんと気楽かなとも・・・・。

家族同然で暮らしていたペットを意図も簡単に遺棄するんだから、なんともはや情けない現実です。

動物愛護法でもきちんと謳っています。「終生飼育」が原則。と。

世の中、便利になって何でも使い捨ての世の中。当たり前のように家族を捨てる。

そんな家庭で育った子供は、親を見ています。

その子が大人になっったら同じように当たり前のように親のして来たことを見習うのでしょうか?

本当に悲しい現実です。

今の子供は、カブトムシはデパートの屋上に居るものと思っている子がいます。うさぎやカメはペットショップに行けば買える。

月にうさぎがいた話は私たちが子供の頃に親や先生から教えられた話です。

夢がありました。

この話は、ウサギときつねとたぬきが登場していました。地球上には優しさや思いやりが必要なのか?これらは偽善だ。

そのことを試す為に、人は地球上に降りてきて試しました。

倒れた振りをして、ウサギ、きつね、たぬきのする行動を観察しました。

たぬきは山に行って採ってきた食べ物を倒れた人に与えようとしました。

きつねは山に行って獲物を捕ってきてその人に「死なないで、これを食べて元気になって」と励ましました。

ウサギも山に行って食べ物や獲物を探しましたが見つけることが出来ませんでした。

きつねとたぬきは、ウサギを責めました。お前は人に何もできなかった。と。

ウサギは、焚き木を燃やしその中に身を投じ「おじいさん、何もできなかったけど私を食べてください」と黒焦げになってしまいました。

それを見た人は、「ああ、なんてことをしてしまったんだ」と後悔をしました。

それからは人は、月を見るたびにウサギを思い出し、「優しさ、思いやり」を感じ、この事を後世に残し言い伝えました。

だから、月にはウサギがいるのです。

子供に月にはウサギがいるの?と聞かれたら、居る筈がない。

ではなく、この話をしてあげて「優しさ、思いやり」の信実を教えてあげる余裕が欲しいものです。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。