動物愛護団体ARK-ANGELS 代表ブログ「ずばり一言!」

ず~っと、考えていた事ですが

日本の動物愛護法は最近、動物達の命の重みを考え出したばかりですが

欧米ではすでに完璧なくらいに動物愛護が考えられています。

ペットショップもないし、犬が欲しければ愛護団体に申し出ればきちんと説明してご家庭に合う子を選んでくれます。

そして飼い方もきちんと教えてくれます。

ブリーダーの整備もできていて、無理な繁殖もありません。

歴史のある国の中では、当然のように人間とともに暮らせるように考えられています。

万一、遺棄や虐待があればアニマルポリスが出動して逮捕もします。もちろん、相応の罰則もあります。


日本の整備は遅れています。

処分施設に行って分かる事ですが、流行の犬種が多く捨てられていますし、保護されています。

簡単にペットが手に入り、簡単にモノのように捨てられているからです。

命あるものを簡単に買い、要らなくなったと簡単に手放す。

何で、家族同然に暮らしていた動物達を捨てれるのでしょうか?

親を親とも思えず、子を子とも思えず、索漠とした社会には寒気すら感じます。


今の子供たちに、一番尊敬するのは誰?→ゲームの主人公。アニメのヒーロー。

一番好きなものは何?→ゲーム。

私たちの時代には、真っ先に父親。母親。先生。

好きなものは、バナナ、アイスクリーム。

核家族になってから、おじいちゃん、おばあちゃんの存在が薄い、いや・・・無いな。

ここから変えなければ・・・・、情操教育の立て直しが不可欠と思います。

今は、夏祭りの季節・・・・。

子供の頃は法被を着て喜んで参加したものです。楽しみました。

花火を家族で鑑賞したり、近所の人たちにも挨拶をきちんとしてましたね。

いたずらをして近所のおじさんに怒られた事もしばしば・・・・・。

学校では、水の入ったバケツを持って廊下に立たされ・・・・。

部活の先輩には往復ビンタ・・・・。

でも、弱いものいじめや動物の虐待などはなかった・・・・。

「きれる」と言うこともなかった・・・。

今日の朝刊に「戦争があった時代の方が命を大切にしていた・・・・」と言う記事があった。


今、大切な事は、学校教育・家庭教育・地域教育のほかに、情操教育が肝心なのでは。

改めて、思います。今からでもやらなくては!!

隣の悪がきを叱りましょう。年寄りに席を譲らない若者には注意を。

お説教をしよう!!

人の情け

最近は、このコーナーの執筆もご無沙汰でした。

というのも、緊急レスキュー用のシェルター建設に大忙しだったのです。

多くの善意の方々が集まり、不幸な処に居るワンたちの為に避難場所を建設しようというわけです。

ホストファミリー宅に行くまでに一時的に処分施設から緊急シェルターに入り、健康チェック、リハビリを経て一般家庭に一時預かりをして頂きます。

こうすれば、処分施設で死を待っている子達の緊急避難が出来るわけです。

プロの職人さんに混じって素人のボランティアさんたちが汗まみれで奉仕しました。

みんな、笑顔の奉仕活動で、誰一人、文句もなく、朝早くから日が暮れるまで働きました。

土、日、祝日は人出がいっぱい。平日も奥さんたちが笑顔で働きました。

みんなの協力で立派な犬舎が完成。

処分施設のイメージや古いシェルターのイメージはない。

1区画の大きさも広く、天井も高いし、床も清掃がし易いように工夫されて巾木もパステルカラーのタイル貼り。真っ白な犬舎。

実際に建設に参加された人、基金を提供してくれた人、色んな方面から支援を頂きました。

すべて、不幸な境遇にいる犬達を救う為に集まりました。

この活動の輪がさらに大きくなっていくことが予想されます。

近い将来、もっと大きなシェルター建設を完成させるのも夢ではなくなりました。

私たちの活動を見守ってくれている方たちが大きな活力となって、本気で動き始めてくれたからです。

心から、感謝いたします。

Template Designed by DW99