動物愛護団体ARK-ANGELS 代表ブログ「ずばり一言!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過熱する反対派に対して、立ち上がります。



人気blogランキングへ


「本日、350名を超える住民・市民の参加を得て、アーク・エンジェルズ林代表による病犬を含む新たな多頭の犬持込みに対する抗議集会と抗議デモ行進を実施いたしました。期成同盟の呼びかけに応じて、地元伊井・酒波の住民を先頭に近隣の三谷、平ケ崎、構、北林、北仰、のぞみの里他、今津の多くの区から住民が参加、そして、地元今津町の環境団体をはじめ、多くの団体、個人、また、海東市長をはじめ、上野衆議院議員、石田、清水両県議、数多くの高島市議の参加をいただき、アーク・エンジェルズ林代表とその関係者に、私たち地元住民と高島市民は「アーク・エンジェルズは受け入れていない!」「地元住民の了解も得ず、闇に紛れて病犬を含む多頭の犬の持込みは絶対に許さない!」「病犬を含む犬の多頭飼育と数々の迷惑行為を速やかに中止し、この地から退去せよ!」との断固とした意思を示すことができました。ご参加いただきました皆様に、また、ご支援いただきました皆様に心から御礼申し上げます。私たち地元住民と高島市民は、アーク・エンジェルズと最後まで闘い貫く決意ですので、今後とも暖かいご支持ご支援を心からお願い申し上げます。」

以上が反対既成同盟の10月19日付けのブログです。

彼等は私たちに退去を迫っております。
私たちは、世の中で不幸な環境下にいる犬たち、行政により殺処分される犬たちを救う非営利活動を行っています。
人間の身勝手で捨てられたり虐待を受けたりと、不幸な犬たちが後を絶ちません。
そういった環境下で病気になったり衰弱した犬たちを救い、保護シェルターにて治療を施し新しい飼い主の元へと送り続けている活動を、何故、どうして、止めろ、と言うのでしょうか。
この地域にて反対を先導している人間は、血も涙もない冷血な人たちなのでしょうか。



地域住民の了解も得ず・・・。と書いてありますが、どうして了解を得なければ犬の持込をしてはいけないのでしょう。
保護した犬たちは、何らかの病気を持っていたり衰弱して命にも関わる状態の犬たちばかりです。
それらを救い、治療することを拒絶するかのような発言には、人間の身勝手、生き物に対する横暴な発言としか聞こえてきません。
地球は、日本はこのような利己主義の閉鎖的な人間たちのものだけでは有りません。
この地域の行政を司る議員も参加されての反対集会と聞きますが、高島市の有権者が選んだ議員も、動物に対しては反対派のように血も涙もない方なのでしょうか?

私たちアーク・エンジェルズに対して、反対、反対と念仏のように唱えていますが、何が反対の理由なのでしょうか?
地元説明会では、水質汚染が最重要課題だと、叫んでおられましたが、それをもクリアした現在の状況下でも未だ、反対を叫んでいます。
滋賀県、高島市に於かれましても、私どもと協議を重ね改善すべき事は改善し、不安が有ることがあれば解消する努力を重ねております。
それでも、反対だ、という姿勢には理解し難い状況であります。

わが国は法治国家であります。
法律によって人権を守られ住む権利も職業の選択、移転の自由など、安全に暮らす事を保障されています。
それらを無視して、この地から定かな理由も無く「退去しろ」という横暴な発言には、呆れるばかりか言葉の暴力とさえ映ってしまいます。

地元に受け入れる入れないはご自由ですが、「退去しろ」とは、如何なものかと考えます。
自分たちの意のままにならない者が来ると、こうして排除にかかるのでしょうか?
このやり方が、地域性なのでしょうか? この地域の人だけが起こす行動なのでしょうか?

考えられない行為であり信じられない閉鎖的な地域社会であると思います。
これらの一連の反対行動が、全国的に知られて尚且つ、閉鎖的な地域社会が、今の経済先進国の中の一地域であると、宣伝しているかのようにも思えます。
法律で禁止されているこの一昔前の「村八分」的な行為に対して、断固、抗議すると共に、政府、滋賀県、高島市に対して正式に抗議声明を出します。
また法的に処理する方向で対処していく事にいたします。

反対集会に出席した議員に対しても抗議をすると共に、公平な立場で政治を司る政治家の襟を正す意味に於いても立法府に対して行動を起こす所存であります。
結果は司法の場で出していただきます。

静かにしていれば通り過ぎる事、そう考えておりましたが、「救える命を救うという活動」に対して余りにも酷い彼等の考え方には到底、歩み寄る余地は存在しないと判断いたしました。
我慢にも限度があります。

全面的に受けて立ち上がります。
謂れの無い反対行動には、人権侵害、風評被害と名誉棄損も甚だしいと考えております。


2ch化した拍手コメント欄は非公開としました。
ご支援者の方は、コメント欄にて投稿をお願いいたします。
投稿者のコメントは誹謗中傷や嫌がらせ以外は公開させて頂きますのでご理解ください。


ご協力をお願い致します。

動物虐待監視委員会入会申込書

レスキュー基金
スポンサーサイト

デモについて



人気blogランキングへ



10月19日(日)に周辺の反対既成同盟による反対抗議デモが行われました。
私たちスタッフは通常通りにワンたちのお世話をしていました。
前日に管轄警察署よりデモが行われるが関知しないように、また前回のように反応しないようにと忠告がありました。
確かに前回の反対行為は業務を妨害したり罵声を浴びせたり、私たちを過剰に刺激し挑発させようとしていました。
そのことでお互いに告訴事件に発展しました。
幸い、お互いに不起訴処分となりましたが、もうこういう事は起こしたくもありません。

そう意味で今回のデモ行為では接触を避け、反対行動が通り過ぎるのを待ちました。



噂のみ憶測のみで誹謗中傷され、近隣地域からも環境破壊が起きているかのように噂されています。
保護シェルターを開設してこの地に1年以上、過ごしてきました。
この1年間、近隣からは何一つ、行政に苦情は出ていないし心配された水質の汚染や鳴き声による騒音被害、被毛による被害もありませんでした。
1年前の地元民に対しての説明会においても一番の不安材料であった水質汚染ですが、検査結果も問題も無く過ごせたのでした。
何よりです。

しかし、またもや反対派によるデモ行進がありました。
地元選出の政治家の応援もあったそうですが、この政治家たちも憶測のみで噂を信じて参加されています。
何一つ、事実を確認せず、選挙民へのアピールでしかないのです。
ある県議のブログでは裁判事があるからとコメント(全国で数々の問題や裁判になっているだけあって筋金入りだと感心した次第です。)されていましたが、裁判では結果が出たならクロですが訴訟を起こされたら欠席裁判では敗訴します。だから受けて立っているのですが、出る杭は打たれるの例えのように叩かれたら全てクロのように発言されています。
公平な立場の公人で政治を司る人とは思えない県議発言には正直、失笑してしまいました。
まだ若い。言葉を選ばれて発言されたほうがいいでしょう。

地元民と市長による公道占拠にて不法行為が行われて1年。
出来る限りの説明と出来る限りの改善策を実施してきました。
行政も協力を約束してくれて地元民との交渉を辛抱強く行ってくださいました。
職員さんは一生懸命に努力していただきました。
だが市職員さんの努力も徒労に終わるのか実を結ぶのか、大事な時期に来ています。


高島市職員さんの社長である市長さんが反対派によるデモ集会に参加されたそうですが、この1年間にわたる職員さんの努力が無になるか活きるのかの瀬戸際です。
職員さんは賢明に弁明されていました。
市長の意向を胸に持ち、団体に伝え、地元民との融合を求めて努力してきました、と。

市長は、デモ集会にて挨拶したのは「他人を誹謗中傷はしないでください。」と言い、決してデモ行為を認めていたのではないです。とも。
私は市長とは面識もありませんしどのような挨拶をされたのかも知りません。
だが、反対抗議デモの集会に挨拶に立たれた事は、事実です。
参加された意図は判りませんが、職員さんからのお話から、1年前の市長ではないと信じております。
公平な立場の首長の判断を期待しております。

私は、この1年間、私なりに出来る範囲で地元の方々に理解を求めるために努力をしてきました。
法律を遵守し行政の指導にも応えてきました。
今まで間違った行動など起こしていません。
動物愛護とは人有りきの活動だと認識しているから人に迷惑を掛けてまでしてはいけないと思っています。
ただの犬好きになってはいけないとも思っております。

ただただ、不幸な環境下にいる犬たちを救っているだけなのです。

今回のデモ行為での抗議文の受け取りを事実上、拒否しました。
反対派の代表が勝手にポストに入れたらしいですが、見てもおりません。
何故なら、抗議を受ける筋合いがないから受け取る必要もなかったからです。
抗議の目的が、「即刻出て行け」とか「犬を道具にするな」とか「住民の了解も無く犬を施設に入れた」とか、まったくもって意味不明の抗議だからでした。
何故、私が自分の所有地から退去しなければならないのでしょうか?
何故、死ぬ運命にあった犬を助けているのに、道具なのでしょうか?
何故、住民の了解をもらわなければ保護活動ができないのでしょうか?

すべて、理解が出来ない理由です。

私は、この度の反対行動に対して決意を新たにし、宣言します。

今後は、この地域にて未来永劫に保護犬を救済し続ける事を。!!
そして出来うる限りの不幸な犬たちを無制限に保護収容する事を。!!
そして、地元反対派には今後一切、理解を求めることも、無い事を。!!

変わらず、粛々と活動を継続していきます。
前にも増して強くなりました。

今回の譲渡会(10/25)&同窓会には多くの里親希望者や支援者様が集まります。
今日10/21現在で101頭のエントリーに対し、45頭のリクエストが着ております。
当日、もっと増えてくれる事に期待しましょう。

愛知支部にて101頭のワンたちと40人のスタッフが笑顔でお迎えいたします。
楽しい一日をワンたちと過ごしましょう。
お待ちしております。


ご協力をお願い致します。
動物虐待監視委員会入会申込書

レスキュー基金

写真展、再開。



人気blogランキングへ


10月18日(土)に猫の保護団体が譲渡会&写真展を愛知支部、We's(ウィズ) ドッグカフェ&ランにて行う。
犬も猫も同じ命です。
私たちアーク・エンジェルズは犬を主にレスキューしていますが犬よりも猫の殺処分数は多いのです。
また犬には保護管理するための法律がありますが、猫の場合は明確に規制する法律がありません。
同様にする事が望まれています。

その猫たちの命を救う活動をしている団体が「Cat paw club」です。
譲渡会の開催場所を求めて「アーク・エンジェルズ愛知支部」を選ばれたのでした。
心無い反対派が存在して誹謗中傷を続ける最中での選択でした。

譲渡会の開催要請を受けた愛知支部長は私にどうしたものか、と相談がありました。
結果、同じ命を救う活動をしていらっしゃるのだから開催はお受けすれば。
但し反対派が妨害したりしてご迷惑をお掛けする事が発生するかもしれない事を事前にお話してください。と言いました。
それをも了解して頂き、開催が決定いたしました。

昨日、「Cat paw club」の代表たちお二人がご挨拶に滋賀シェルターにお見えになりました。
色んなお話と共に某写真家による写真展が突然、キャンセルになったこと、そしてその事実を受けて私がこの「ずばり一言」にて記事を掲載して反対派より批判を浴びた事など。
3時間ほどお話をして理解をして頂きました。
写真展については写真家側の理由もあって開催を中止されたそうですが、それについては写真家とプロダクション側、主催者側との意思疎通に問題ががあったらしく、結果はキャンセルになったという。
私は、まだ会った事もない某写真家を知りません。
また彼を非難するつもりもないし、猫の保護活動に対する想いも聞いてはおりません。
反対派による妨害や誹謗により写真展を降板するのは如何なものか、と問いたいため、そして心無い反対派に対して記事を掲載しました。
それは、それだけ命に関わる活動をしているのであれば、多少の妨害に臆することなく開催を予定通りにしてほしかった。
ただ、それだけの思いです。

私を支持してくれている人の中に「またたび獣医師団」の主宰者、佐上邦久という人物がいます。
彼は私のブログを読み、朝の8時前に電話をくれて妨害されてキャンセルになった写真展を予定通りに開催したらどうか、幸い関東にて「「世界の地域猫写真展」が終わったところなので素材は提供できる、との有難いお申し出がありました。

これを受けて愛知支部長に相談しました。
あくまで主宰者は「Cat paw club」ですから主宰者のご理解とご了承を頂かないと出来ないことなので、後日、会う事になっているからそのときにお話しましょう。と言う事になった。
そして12日の午後3時にお会いし、会話の中で写真展の再開催について話し合い、「もし佐上様のご協力が頂けるのであれば是非ともお願いしたい」と言われ、快く再開催が決定しました。
みんなの目的は、「小さな猫の命を救う」。
そして「こんなにも世の中には不幸な猫たちがいるのだ」、そして「出来る人が出来るだけの活動をして命を救おう」との願いを込めての啓発活動である。
佐上氏にはピンチヒッターで申し訳ないがお願いする事になりました。

彼曰く、ピンチヒッターであろうが4番打者であろうが順番や後先など問題ではない。

如何に多くの人たちに猫の実情と地域猫の事情を知って頂くことが、問題である。と。

きっぱりと仰っていただき、溜飲が下がったものでした。

どのような活動であろうとも、どのような啓発であろうとも、批判や非難はつきものである。
賛成もあれば反対も存在する。
人の個々の考え方まで支配は出来ない。
想いはさまざまです。

だが、想いは様々であっても、慈善を行う者の信念は決して変わらず、不変である。
たとい妨害が起きようとも、風が吹こうとも嵐が吹こうとも、だ!!

一言、付け加えるが、某写真家については面識もない方なのでコメントを差し控えるが、彼なりに保護活動をされていると聞くので、
今後も多くの方々へ、写真を通じての啓発活動を頑張って頂きたい。
今回、プロダクションの意向もあったとも伺え、残念な結果となってしまったが、次回の写真展は成功してほしいものだ。
また一度、お会いしてみたいとも思う。
会う機会があれば猫だけではなく犬の写真も撮影してほしいと、お願いしてみよう。


ご協力をお願い致します。

動物虐待監視委員会入会申込書

レスキュー基金

愚かな。



人気blogランキングへ



今、私たちの活動に反対を唱えている人たちがいます。
その方たちは動物、或いは命がある生き物にに対して私たちが地球上に生きて他の生物と共存している事を考えていない方たちなのでしょうか。

各々個人の考え方なのでそれ以上の追求はしませんが、人だけが生きているわけではありません。
宗教じみた言い方になるかも知れませんが、神により生かされていると思っています。

その中で動物たちを人間の身勝手で不幸に陥っている犬たちを救う活動を否定しているのは如何なものか。
動物愛護は人ありきの行動と思っていますが、彼等にも生きる権利があります。
それを人間社会だからといって、否定するのは人間の独善的な考え方だとも思っています。

だから同じ人として彼等に対して謝罪と償う努力を惜しまず行っている訳ですが、
それをも反対している考え方には、到底賛同できません。

反対するのであれば、それなりの動機と釈明が必要だと思います。
ただ、反対という意思表明だけでは、一般人には通用しないと思います。
反対する方にはそれなりの理由はお有りと思いますが、現世では人間だけが住む世界ではないと考えます。
動植物も同じ命を持って生きています。

犬に例えればたった十数年しか生きられない動物。
それを人間の身勝手で排他的に邪魔になるからと殺処分してしまう法律。
これは、単純に間違っていると思っています。
「猿の惑星」ではないですが、立場が逆であれば、そうはしておれないでしょう。

そうは思いませんか???

私たちは、単純に殺される運命にある子達を救っているだけです。
その行為をどうして妨害したり邪魔するのでしょうか?

今回、愛知支部にて猫の譲渡会、写真展を開催する予定でした。が、心無い人たちの妨害によって写真展はキャンセルする事となりましました。
過激な反対派の攻撃に遭い、カメラマンのプロダクションが閉鎖を決めたそうです。
主催者は戸惑っていました。
写真展を開催するカメラマンのプロダクションも不甲斐ないといえばそれまでですが、誹謗中傷の外圧に負けるくらいなら保護猫のアピールなど、今後しないほうがよいとさえ思ってしまいます。
その程度の気持ちで保護猫、或いは地域猫の救済を考えるのであれば、思慮不足な浅はかな考えだと思います。
猫の命を大切だと思う気持ちがあっての写真展であれば、多少の反対派の動きくらいで、怯むな。と、言いたい!!
その程度の気持ちで写真展など、開くな。!!とも、ね。

厳しい言い方かもしれないが、何かをしようと思うときには、必ずと言っていいほど、反対があるものだ。
カメラマンにとってもプロダクションにとっても死活問題なのかもしれないが、生を描写する写真家にとってはもっと大切な感性があっても良いのではないかとも思う。
素直に生に対する感性があるのであれば、邪な反対の攻撃ごときで臆する事はないと、進言する。
それで写真展を断念するくらいなら、今後は生に対しての説得力も、生まれる事はないだろう。
写真家の志としては、失格だろうし今後も支援者の声援は得られないだろう。
もっと真剣に取り組んでもらいたい。

そして、動物たちを救う愛護活動家等に対して反対を唱える人たちにも一言、言おう。
いつまでも愚考を継続する反対姿勢には、多くの生き物に愛を持つ人たちには、永遠の決別となろう。
いつまでも愚かな行動を、とるがいい。
人として、恥ずべき独善的なエゴイスト。自分本位の考えであることを、再認識しなさい。

こうして今回、写真家の協力を無残にも撤退させた攻撃。
許せない、恥ずべき行為である事を、良心があるならば反省しなさい。

だが、ただし、私も含めて今回の主催者とアーク・エンジェルズの仲間たちは、今以上に結束を強くして力強く行動する事になるだろう。

人として、恥ずべきことは己の心の弱さのみ!!
アーク・エンジェルズ愛知支部の譲渡会は、多くの支援者、心ある人たちによって必ずや成功するでしょう。

忠告する!! 悪の栄えた試しは、ない!!
この程度の妨害くらいでは、私は死なない。



ご協力をお願い致します。


動物虐待監視委員会入会申込書

レスキュー基金

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。