動物愛護団体ARK-ANGELS 代表ブログ「ずばり一言!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワン、滋賀シェルターに入る。



人気blogランキングへ



11月27日に保護犬22頭を滋賀シェルター施設に移動をしました。
みんな元気で広い敷地内を走り回っております。
犬舎も広く、大型犬用犬舎1箇所に2~3頭が入って居ます。
18頭が小型犬で、中型犬が4頭です。

ボランティアやスタッフの車5台に14人が分乗して、シェルター入りしました。
車にはご支援者の皆様から頂いたバザー用品がびっしりと積み込まれていました。
ワンは1頭ずつ、車から降ろして犬舎に入れ、新しい寝床も用意してくれました。

7月31日のレスキューから始まり、酷暑の中、大阪~神戸を往復しながらの懸命の救助活動。
レスキューしてから4ヶ月もの間、狭いバリケン生活でしたが、1日でも早く広いシェルターで遊ばせてあげたい。走らせてあげたい。
そう願っていたボランティアさんやスタッフは、犬たちを犬舎に運びながら、感極まったのか、涙が零れ落ちるのも拭おうともせず、涙ながらに「よかったね、よかったね」と、口々に話しかけては涙していました。
ワンたちは小さい身体や尻尾を千切れんばかりに振って、全身で喜びを表現していた。


その光景を傍で見ていて、私も思わず、ジーンときました。
自分達が、あの酷い環境の中で生きていたワンたちを救い、介護し、毎日のようにお世話をして、疥癬症を治し、晴れてシェルターに来る事が出来たのです。感慨もひとしおでしょう。
来る譲渡会で選ばれて里親に巣立って行く光景を見たら、我が子を出す想いできっと胸がいっぱいになるだろうね。

一夜明けて、今日は朝からマスコミの取材攻勢でしたね。
新聞社4社、テレビ局3社でした。もちろん、朝日放送ムーブ以外ですけどね。
偏見放送をするようなテレビ局には一切、取材は拒否します。
実は27日の犬搬入時にムーブ1社だけが来ていましたが、(反対派の連中が知らせたのでしょうね)
搬入前に地元の反対期成同盟の役員数人が施設に押しかけてきて、「どうして合意をしていないのに犬を入れるのか」と、迫ってきたのでした。
寝耳に水の私は、「ちゃんとした手順で貴方達の反対期成同盟の代表と話し合いをし、犬の搬入の了解はもらっている。何の約束違反もない。」と説明をしました。しかし、地元側は「私等は何も聞いていない。代表個人が言った事で、私等は聞いていない」と。
私「そんな事はない。私は1週間も前に了解を取り、概ね合意しているし犬を入れる事は問題はない。と確約はもらっている」このように返答した。
それでも搬入時に施設前にて拒もうとした。
一時は騒然となり、相変わらず、ムーブはカメラを回し続け、住民を煽る。
その後、反対期成同盟の役員は今度は高島市職員に向かって暴言を吐き、ホコ先を市役所に向けていった。
私は、思わずムーブに対し「カメラを回すな。取材は拒否している。私達には取材を拒否する権利も肖像権もある。」と言い、
ムーブ「報道の自由であり、取材は義務であり問題はない。勝手に取るし肖像権ならモザイクをかける」と言って無視し、カメラを回し続けた。
私「これ以上、横暴な取材を続けるなら朝日放送局に対して正式に抗議する」
ムーブ「どうぞ、ご自由に」

このような取材姿勢に問題はないのか。
朝日放送の品格が問われる問題である。
法定代理人を通じて正式に朝日放送に抗議するつもりでいます。
BRCに申立てしても結局、仲間意識でまた、問題なしになるのが「おち」だろう。
ムーブの制作担当者トップ3人が左遷されたと聞いていたが、体質は変わっていないのだろうか。

私は、この事態を重く受け止めています。
まるで放送の権利の横暴であるし、暴力である。

朝日放送の経営者及び放送倫理委員会に言いたい。
いいのか!! こんな横暴な社員を雇用して取材をする姿勢が罷り通っていいのか!!


管轄する総務省にも放送業界に有るまじき行為である事を提言するし、世論にも訴えていきたい。

補足であるが
反対期成同盟の役員とアークエンジェルズとが、27日午後8時から2時間半に渡り、第5回目の集会が行われた。

その場でも、はっきりと「犬の持ち込みに対して、事前に確かに了解をしてもらい、手順を踏んで実行した」
この事を、明確に大森代表さんを目の前にして説明をさせて頂いた事と、改めて、地元住民を無視して犬の搬入を行ったわけではない事をご報告します。その会合で他の役員さんは一様に犬の搬入に関してはこれ以上の異論は出なかった事も付け加えておきます。

28日のNHK,毎日放送、読売テレビの夕方のニュース番組にて、私が「強引に犬を搬入した」との大森代表のコメントがあり驚いてすぐさま抗議の電話を入れて、マスコミに対して私への謝罪と訂正のコメントを出すように抗議の申し入れをしました。

あのニュースを見る限り、私が嘘を言って強引に合意もないのに犬を入れた。と見えるからだ。
大森さんとのやり取りした会話の証拠もあるので、地元代表との合意無しでは犬の搬入はしていない。
機動隊出動騒ぎのバリケード事件以来、2ヶ月もの間、犬の搬入を我慢し、話し合いを継続して来たのだし、それを反故にしてまで強引に事を運ぶような理不尽な行動をとるわけがない。また、それを今更する理由もない。
相手側の了承を得たから実行をしたまでだ。
5回目の話し合いでも今後は合意文書を作成し、内容を吟味しお互いの合意の上で調印をしようという事になっていた矢先の出来事であった。

私としては、納得のいかない内容のコメントであり、また反対期成同盟のリニューアルブログの内容にしても理解しがたいモノであることも言い伝えたのだ。大森代表は、ブログの内容はご存じなく、見てもいない。役員の誰かが勝手にやった事。とのこと。
代表者である貴方の名前が出ているが?との問いには、勝手に名前を掲載されているとの事だった。知らなかった。では済まされんだろう。
この反対期成同盟とは、一体 何なのだろうか??

しかし、物事には紆余曲折はあるものだが・・・・・・、一応、ワンたちは元気であり、走り回っている。
それだけが唯一の救い。
私は、まだまだ、頑張らなくてはいけない。と、改めて感じた。

こんなことがあっても、それでも、犬は救っていく。

12月9日は開所式と譲渡会を開催します。
多くのご支援者の参加をお待ちしております。

シェルターに来たら、私に声を掛けてくださいね。
その「声掛け」が私を唯一、元気にする栄養剤です。








人気blogランキングへ


コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。