動物愛護団体ARK-ANGELS 代表ブログ「ずばり一言!」

愚かな。



人気blogランキングへ



今、私たちの活動に反対を唱えている人たちがいます。
その方たちは動物、或いは命がある生き物にに対して私たちが地球上に生きて他の生物と共存している事を考えていない方たちなのでしょうか。

各々個人の考え方なのでそれ以上の追求はしませんが、人だけが生きているわけではありません。
宗教じみた言い方になるかも知れませんが、神により生かされていると思っています。

その中で動物たちを人間の身勝手で不幸に陥っている犬たちを救う活動を否定しているのは如何なものか。
動物愛護は人ありきの行動と思っていますが、彼等にも生きる権利があります。
それを人間社会だからといって、否定するのは人間の独善的な考え方だとも思っています。

だから同じ人として彼等に対して謝罪と償う努力を惜しまず行っている訳ですが、
それをも反対している考え方には、到底賛同できません。

反対するのであれば、それなりの動機と釈明が必要だと思います。
ただ、反対という意思表明だけでは、一般人には通用しないと思います。
反対する方にはそれなりの理由はお有りと思いますが、現世では人間だけが住む世界ではないと考えます。
動植物も同じ命を持って生きています。

犬に例えればたった十数年しか生きられない動物。
それを人間の身勝手で排他的に邪魔になるからと殺処分してしまう法律。
これは、単純に間違っていると思っています。
「猿の惑星」ではないですが、立場が逆であれば、そうはしておれないでしょう。

そうは思いませんか???

私たちは、単純に殺される運命にある子達を救っているだけです。
その行為をどうして妨害したり邪魔するのでしょうか?

今回、愛知支部にて猫の譲渡会、写真展を開催する予定でした。が、心無い人たちの妨害によって写真展はキャンセルする事となりましました。
過激な反対派の攻撃に遭い、カメラマンのプロダクションが閉鎖を決めたそうです。
主催者は戸惑っていました。
写真展を開催するカメラマンのプロダクションも不甲斐ないといえばそれまでですが、誹謗中傷の外圧に負けるくらいなら保護猫のアピールなど、今後しないほうがよいとさえ思ってしまいます。
その程度の気持ちで保護猫、或いは地域猫の救済を考えるのであれば、思慮不足な浅はかな考えだと思います。
猫の命を大切だと思う気持ちがあっての写真展であれば、多少の反対派の動きくらいで、怯むな。と、言いたい!!
その程度の気持ちで写真展など、開くな。!!とも、ね。

厳しい言い方かもしれないが、何かをしようと思うときには、必ずと言っていいほど、反対があるものだ。
カメラマンにとってもプロダクションにとっても死活問題なのかもしれないが、生を描写する写真家にとってはもっと大切な感性があっても良いのではないかとも思う。
素直に生に対する感性があるのであれば、邪な反対の攻撃ごときで臆する事はないと、進言する。
それで写真展を断念するくらいなら、今後は生に対しての説得力も、生まれる事はないだろう。
写真家の志としては、失格だろうし今後も支援者の声援は得られないだろう。
もっと真剣に取り組んでもらいたい。

そして、動物たちを救う愛護活動家等に対して反対を唱える人たちにも一言、言おう。
いつまでも愚考を継続する反対姿勢には、多くの生き物に愛を持つ人たちには、永遠の決別となろう。
いつまでも愚かな行動を、とるがいい。
人として、恥ずべき独善的なエゴイスト。自分本位の考えであることを、再認識しなさい。

こうして今回、写真家の協力を無残にも撤退させた攻撃。
許せない、恥ずべき行為である事を、良心があるならば反省しなさい。

だが、ただし、私も含めて今回の主催者とアーク・エンジェルズの仲間たちは、今以上に結束を強くして力強く行動する事になるだろう。

人として、恥ずべきことは己の心の弱さのみ!!
アーク・エンジェルズ愛知支部の譲渡会は、多くの支援者、心ある人たちによって必ずや成功するでしょう。

忠告する!! 悪の栄えた試しは、ない!!
この程度の妨害くらいでは、私は死なない。



ご協力をお願い致します。


動物虐待監視委員会入会申込書

レスキュー基金

この記事のトラックバックURL

http://angels1947.blog104.fc2.com/tb.php/137-a5ed33f6

コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
等しく尊いいのち。
私は、時々想いをめぐらせることがあります。

もう二度と信じた人間に裏切られることの無い、もう二度と苦しむことも悲しむことも無い、そんな動物達の国があったらと。 そしたら、ガス室の扉を開け放ち、『もう死ななくってもいいんだよ、もう悲しまなくってもいいんだよ、走れ!走れ!希望の国の草原目指して、走れ!走れ!もう二度と戻ってくる
んじゃないよ!』 と呼びかけたい。しあわせを祈って見送りたい・・。

けれど、そんな国があろうはずも無く、今日もまた明日も、物言えぬ犬や猫達は何の抗議も抵抗も出来ぬまま命を絶たれていくこの現実に、個人で出来ることの限界と、無力感に打ちのめされ我に帰るのです。

保護活動を妨害するお方へ申し上げたい。一頭でも一匹でもいいから、救ってあげていただきたいと、A.Aさんを応援する私達の気持ちが分からないのでしょうか?ご理解いただけないお方に申し上げても仕方がないと思いつつ、やっぱり申し上げたい、せめて邪魔だけはしないでいただきたいと。
人も動物も、命において等しく尊いのですから。
今から、もう10年以上前の話になります・・あの阪神淡路地震。 
ある避難所で、二日目。やっと 手にした二個のおにぎりを、ある方が、自分の飼い犬と分け合って食べていました。 それを見た他の方々から、「人間だけでも 食べるのがやっとなのに、犬にやるなんて!! ふざけてる!犬は ここから出せ!」と 声が上がりました。 でも、その飼い主は、「こいつは ワシにとっては 子供だ! こいつを出せと言うなら、お前の子供を ここから出せ! そしたら、ワシも こいつを出す!」と 言い切りました。 他の人たちは、その言葉を聞いて、何も言えなくなりました。 ぎりぎりの状況に置かれたモノ同士、命で繋がってると感じられたんだと思います。

神戸連続殺傷少年事件・・・あの事件が起こる半年位前から、やたらと、猫の虐待や鳩の虐待、猫の死体を切り刻んで、学校や公園に放置するという事件が 近辺地区で多発していました。 小さな子供を持つ親達は 何度も、警察に届け、相談、パトロールの強化をお願いしましたが、その当時、警察は 物損、器物破損としてしか受け止めてくれませんでした。 
そして・・あの悲惨な事件。 親達は 毎日、毎日、登下校のルートに立ち番をし、自分達の手で、子供達を守るのに、必死でした。 ところが、その犯人は 親達が 子供を守ろうとした垣根の中にいたのです!  ショックでした! 子供を守るために、必死になっていながら、自分の子供が 何をし、何を考えているのか、分かっていなかったのです。  そして、何よりも、親達が、自分達よりも「弱いもの、小さな命」を守らなければ、いけない、人間であろうが、猫や犬であろうが、「命あるものを皆で大事にしないといけなんだ」ということを 子供たちに教えてこなかった!そのことに気付かされました。  

AAは いろんな批判を受けています。 私は お花畑のボラです。
でも、ひとつだけ分かることは・・AAは 絶対に 「殺処分」をしない! 代表も統括も、どんなに 危険な状態の仔でも、決して諦めず、決して見捨てず、その仔の最後の時まで、必死で、守ろうとしてくださいます。 市やどこの愛護団体でも、受け入れ拒否をする、「殺処分」をやむなしとする、そんな状況の犬達であっても、AAは 助けようとする!助けようと努力して下さいます。
私は その姿を見て・・あの地震の時の 愛犬とおにぎりを分け合って食べた人、最後には その人の気持ちを理解し許してくれた人、見ず知らずの人たちが、皆で、崩れた家の中にいるであろう愛犬を 必死に探し・・「生きてて良かったねぇ~!!」と 喜び合ったことに 想いが繋がるのです。

代表! 統括!! お疲れも はるかに ピークを超してるでしょうが・・第18回譲渡会の成功を、真実を ちゃんと 見て下さる方々と、あの仔たちの「命」を託せる方々と 皆で 「小さな命」のバトン、実現しましょう!! 
反AAの妨害
劣悪な環境下にいた子達が、AAにレスキューされ、現在、衛生管理の行き届いた、清潔な滋賀エンジェルシェルターで、スタッフの皆様の温かい優しい愛情のもとで生活しております。

ワン君達は、今度は絶対に、幸せな犬生を送るために、一日も早く里親様になっていただける本当の家族を待ち望んでいます。

スタッフの皆様も、その為に、ひとり、ひとりの個別管理を徹底されています。
里親様になっていただける方に、その子の色々な事をご説明される為です。

ワンのお世話されている皆様には、本当に頭が下がります。

沢山の子達の、命を守っていくという責務は、並大抵のことでは出来ないと思っています。
それを継続していくということは、いかに難しことであるか、ご理解できると思います。

それを妨害という形で、反AAの人達は、AAの活動の邪魔をしています。

反AAの妨害。
大阪動物管理センターレスキューの妨害。

ひろしまドックぱーく原告の会、代表、鎌田まりみ氏による、アイリスオーヤマ様によるご支援の中止。
フェリシモの件。

今回の譲渡会にての、ネコちゃんの写真展のキャンセル。

その他。

いずれも、反AAの妨害の為です。

妨害をする正当な理由など、何処にあるのでしょうか。

今迄、たとへ一握りであっても、救えていた子達の命が救えず、今も尊い命が、生かせてあげられる命が、絶たれています。
ガス室で、もがき苦しんで。。。。。

反AAの方。
AAが、大阪、動管のワンをレスキュー出来なくなった事は、うれしいですか。

たとへ、少しであっても、生かせてあげられる命があったのに、それさえも奪い、妨害して嬉しいですか。

鎌田まりみ氏、
善意のお気持ちで、不幸なワン君達の為に、ご支援くださっていた企業様からの、ご支援の打ち切り、嬉しいですか。
満足ですか。

貴方はワンを飼っている方なんですね。
にもかかわらず私は、貴方の行動が信じられません。

地獄の中を、どんなに苦しくても“生きたい”という信念で、頑張って生きてきた子達です。
中には、力尽きて、天国に行った仔達も多くいたことでしょう。

やっと、やっと、地獄の中からAAにレスキューされ、助かった命です。
そんな子達に、善意のお心でAAに、ご支援くださっていた企業様を、貴方は打ち切りさせた方です。

どんな理由があるにせよ、ワンには何の罪もありません。

貴方は、本当に罪深い方だと思います。

あなた方が、AAの代わりに完璧に出来るのであれば、今も、日本国中で泣き叫んで助けを求めている子達に、愛の手を差し伸べてあげてください。

妨害するということは、必ず、自分自信を苦しめる結果になるでしょう。
最終的に犠牲になるのは犬達や猫達。
活動を邪魔する暇があるなら、自分達の周りの保健所や、助けを待ってる犬や猫を一匹でも助けてあげて欲しいって思います!

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99