動物愛護団体ARK-ANGELS 代表ブログ「ずばり一言!」

過熱する反対派に対して、立ち上がります。



人気blogランキングへ


「本日、350名を超える住民・市民の参加を得て、アーク・エンジェルズ林代表による病犬を含む新たな多頭の犬持込みに対する抗議集会と抗議デモ行進を実施いたしました。期成同盟の呼びかけに応じて、地元伊井・酒波の住民を先頭に近隣の三谷、平ケ崎、構、北林、北仰、のぞみの里他、今津の多くの区から住民が参加、そして、地元今津町の環境団体をはじめ、多くの団体、個人、また、海東市長をはじめ、上野衆議院議員、石田、清水両県議、数多くの高島市議の参加をいただき、アーク・エンジェルズ林代表とその関係者に、私たち地元住民と高島市民は「アーク・エンジェルズは受け入れていない!」「地元住民の了解も得ず、闇に紛れて病犬を含む多頭の犬の持込みは絶対に許さない!」「病犬を含む犬の多頭飼育と数々の迷惑行為を速やかに中止し、この地から退去せよ!」との断固とした意思を示すことができました。ご参加いただきました皆様に、また、ご支援いただきました皆様に心から御礼申し上げます。私たち地元住民と高島市民は、アーク・エンジェルズと最後まで闘い貫く決意ですので、今後とも暖かいご支持ご支援を心からお願い申し上げます。」

以上が反対既成同盟の10月19日付けのブログです。

彼等は私たちに退去を迫っております。
私たちは、世の中で不幸な環境下にいる犬たち、行政により殺処分される犬たちを救う非営利活動を行っています。
人間の身勝手で捨てられたり虐待を受けたりと、不幸な犬たちが後を絶ちません。
そういった環境下で病気になったり衰弱した犬たちを救い、保護シェルターにて治療を施し新しい飼い主の元へと送り続けている活動を、何故、どうして、止めろ、と言うのでしょうか。
この地域にて反対を先導している人間は、血も涙もない冷血な人たちなのでしょうか。



地域住民の了解も得ず・・・。と書いてありますが、どうして了解を得なければ犬の持込をしてはいけないのでしょう。
保護した犬たちは、何らかの病気を持っていたり衰弱して命にも関わる状態の犬たちばかりです。
それらを救い、治療することを拒絶するかのような発言には、人間の身勝手、生き物に対する横暴な発言としか聞こえてきません。
地球は、日本はこのような利己主義の閉鎖的な人間たちのものだけでは有りません。
この地域の行政を司る議員も参加されての反対集会と聞きますが、高島市の有権者が選んだ議員も、動物に対しては反対派のように血も涙もない方なのでしょうか?

私たちアーク・エンジェルズに対して、反対、反対と念仏のように唱えていますが、何が反対の理由なのでしょうか?
地元説明会では、水質汚染が最重要課題だと、叫んでおられましたが、それをもクリアした現在の状況下でも未だ、反対を叫んでいます。
滋賀県、高島市に於かれましても、私どもと協議を重ね改善すべき事は改善し、不安が有ることがあれば解消する努力を重ねております。
それでも、反対だ、という姿勢には理解し難い状況であります。

わが国は法治国家であります。
法律によって人権を守られ住む権利も職業の選択、移転の自由など、安全に暮らす事を保障されています。
それらを無視して、この地から定かな理由も無く「退去しろ」という横暴な発言には、呆れるばかりか言葉の暴力とさえ映ってしまいます。

地元に受け入れる入れないはご自由ですが、「退去しろ」とは、如何なものかと考えます。
自分たちの意のままにならない者が来ると、こうして排除にかかるのでしょうか?
このやり方が、地域性なのでしょうか? この地域の人だけが起こす行動なのでしょうか?

考えられない行為であり信じられない閉鎖的な地域社会であると思います。
これらの一連の反対行動が、全国的に知られて尚且つ、閉鎖的な地域社会が、今の経済先進国の中の一地域であると、宣伝しているかのようにも思えます。
法律で禁止されているこの一昔前の「村八分」的な行為に対して、断固、抗議すると共に、政府、滋賀県、高島市に対して正式に抗議声明を出します。
また法的に処理する方向で対処していく事にいたします。

反対集会に出席した議員に対しても抗議をすると共に、公平な立場で政治を司る政治家の襟を正す意味に於いても立法府に対して行動を起こす所存であります。
結果は司法の場で出していただきます。

静かにしていれば通り過ぎる事、そう考えておりましたが、「救える命を救うという活動」に対して余りにも酷い彼等の考え方には到底、歩み寄る余地は存在しないと判断いたしました。
我慢にも限度があります。

全面的に受けて立ち上がります。
謂れの無い反対行動には、人権侵害、風評被害と名誉棄損も甚だしいと考えております。


2ch化した拍手コメント欄は非公開としました。
ご支援者の方は、コメント欄にて投稿をお願いいたします。
投稿者のコメントは誹謗中傷や嫌がらせ以外は公開させて頂きますのでご理解ください。


ご協力をお願い致します。

動物虐待監視委員会入会申込書

レスキュー基金

この記事のトラックバックURL

http://angels1947.blog104.fc2.com/tb.php/140-46258390

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
自分の目で見て下さい
夏にお邪魔しました、イワサキです。
前にもコメントいたしましたが、お子様をお持ちの親御様、何が正しくて、何が間違っているか、キチンと大人として、こちらの施設を自分の目で見てください。
私たち親子は、見学という形でこちらの施設を訪問させていただきました。
人間と共に生きるために一生懸命 生きようとする命がここにあることを
実感として味わい、思春期の子供とともに たった1日でたくさんの事を学びそして、親子で命について沢山の会話をしました。
犬たちは食べるためにこの世に生れてきたのではありません。
人間と共に生活し、共に生きるために 人間の手により改良を重ねられ
今 この世にある命です。
その命を守ること、その命についてキチンと考えることは大変すばらしいことだと、人間として、大人として、親として 思います。私は他府県の人間です、外から滋賀県のこの町を見たとき、どうしてこんなに今の世の中に必要であり、良い施設がその町にあるのに、みんなで協力されないのか不思議でなりません。命を守る、命にやさしい町へとどうか変っていってほしいと思います。
又又、勝手な事ばかり申しすみません。

 
AA反対派の人たちは、何をしても、どんなにAAが、大切な犬たちの命を救うために正当なことをしても、とにかくどんなことにも反対なんでしょう。反対派の方たちは、命の大切さをどう思っているのでしょうか。AAが保護しているのは、人間によって苦しめられてきた子達です。私には1歳の子供がいます。我が子には、命の大切さをしっかり教えます。言葉をしゃべれないもの、弱いものには優しくとしっかりと教えていきます。我が子には、反対派の方々のような、命を大切にしない、自分のことしか考えない身勝手な大人にはなってほしくはないです。
動物保護シェルターへのご理解。
毎日のワンたちのお世話、ご苦労様でございます、そしてありがとうございます。日誌にて、統括さんのお怪我を知り、とても心配しております。ワンたちのためにも、一日も早く回復されますようにお祈りいたします。しかし、あせりは禁物ですね。じっくりと回復を待たれて、ご無理のないようになさってください。

高島の皆様には、保護シェルターへのご理解がいただけるように、私も心から願っております。先日、ある公共施設で盲導犬を見かけました。人間に限りなく忠実な盲導犬は、見ていてとても心打たれるものでした。明日殺処分されると決まっていた犬が命の瀬戸際のところでレスキューされ、セラピー犬コンテストで世界一になったお話も聞いております。その陰で、崩壊した繁殖場にて、人知れず命を落とす犬達、殺処分施設にて日々殺されていく犬達。施設の職員さんも決して好きで殺処分しているわけではありません。

このように、犬達は良きにつけ悪しきにつけ、その全生命を人間に委ね捧げているのです。そんな犬達が不幸であり悲惨な境遇にあるならば、彼らの人間への貢献を思い、人道的な観点から救ってあげたいと思うのは自然な気持ちではないかと私は思っております。弱者に対する共感、哀れみの気持ちはそれが人間であれ、動物であれ、豊かな命を生きるうえで現代に最も求められていることのひとつではないでしょうか。

コメントをくださった上記、イワサキ様が滋賀シェルターをお子様とともに訪問され、貴重な体験をなさったと述べられております。百聞は一見にしかず、と申します。私の百の言葉の羅列よりも、それは力を持つものとなりましょう。動物保護シェルターへのご理解をと、高島市民の皆様には重ねてお願い申し上げます。
頑張って!
はじめまして、サカイと申します。私は普段テレビなどを見て不幸な犬たちの手助けが何か出来たらいいな、などと思ってはいるものの実際何もしていない単なる傍観者です。そんな私から見たらあなたはすばらしいと思います。行動し、発言し、救っているのですから。土地に長く住んで居る人はココは自分のものだと勘違いしがちです、よそ者のあなたは気に入らないでしょう。和解など無いように思えますが、なるべく共存できるように頑張ってください。遠く北海道から応援しています。
体調が悪く手術をしてから入退院を繰り返していましたが、病院のベッドにいても考えるのはいつもAAさんやワン達の事ばかりでした。
同じ病棟に産婦人科がありましたが、毎日、命が産まれる瞬間の産声を聞いていると、未来の子供たちに、人と動物のうるおいある社会を、人間の欲のために犠牲になっている尊い命を守ってほしいと強く強く心から願ってしまいます。あなた達は愛されて生を授かり、より豊かに生きていくためにも、同じ命を決して差別しないで未来を生きてほしいと。
今、代表が、強い信念をもって活動なさっていただいていることは、必ず未来の子供たちにつながっていくことだと思います。
罪なき動物たちが全く無益に殺され続けないためにも、代表を精一杯応援します。そして、私が今、できることをより深く考えたいと思います。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99