動物愛護団体ARK-ANGELS 代表ブログ「ずばり一言!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レスキューの意味



人気blogランキングへ

* 大宰府レスキューの報告
レスキューして1週間が経過した。
未だ全頭の毛刈りは済んでいない。
それ程に酷い状態だということだ。
しかし、犬の治癒力は人間のそれと違って素晴らしい回復力と生命力とを備えている。
日に日に元気になり要求吼えもしてくる。
尻尾も振るようになってきた。
食事も大半が完食している。某フードメーカーよりご支援頂いたレトルトがお気に入りだ。
投薬、駆虫も実施している。
完全隔離でお世話をしているが、2班に分けての飼育なのでスタッフたちは少々、疲労気味ではある。
疲れていても日々、快復してくるワンの顔を見ては元気を維持している。
毎日、多くの方々のご支援、ご協力を頂き、また応援メッセージを読みながら、私たちの活動を支えてくれる支援者がいることも
大きな支えとなっております。
感謝の言葉もないくらい、感激しています。
本当に、有難うございます。

代表  林 俊彦


レスキューの意味

保護犬のレスキューの本来の目的は
劣悪環境にて苦しんでいる犬たちを救うことである。と承知している。
虐待飼育により、病気や感染症に苦しみ、その上、給餌給水を怠り、やせ衰えている現実がある。
まともにちゃんとした飼育を行わないから、こういった悲劇が起きるのだ。

保護してくれと通報があれば、出来うる限り、これに応えていこうと思っている。
しかし、レスキューを敢行しようとするには費用がかかるし、犬舎の空きがなければそれもままならない。
助けたくても出来ないのだ。
新しい保護犬が来ればそれなりに人員の確保がいる。

レスキュー費用についてだが、私たち非営利団体は支援者の寄付行為により活動を維持されている。
基金も物資もである。
足りない分についてはバザーを開催したりグッズ販売やカレンダー製作を行い、事業として収益を出し活動費に充当している。
一部は有償ボランティアスタッフもいるが殆どが無償の労働奉仕である。
作業時間も一応、定めてはいるが、夜遅くに犬舎に行き、ストーブの点火に行く事も、様子を見に行くことも普通にある。

崩壊した繁殖業者の元に居る犬たちを救うためにだけ、団体が存在するのではない。
ときたま通報が有り緊急を要するから出動するのであり、繁殖場崩壊現場が起きた地域の有志が組織を組み、保護して上げるのがベストだ。
ただ、救うといっても生半可な気持ちだけでは到底、保護は出来ない。
保護した後の方が実際は、大変な作業だからだ。
運良く保護犬が里親さんの元へ旅立てば良いが、何年も施設に留まる子もいる。
保護すると言うことは、一生涯、その子の面倒を見るということです。
責任を持って終生飼養する事が、大事なのです。

今までのレスキューで、繁殖業者に最低限の費用を請求しました。
誰一人として支払った者はいませんがね。いい加減なものです。
その時は支払います。と言うのですが誠意がないんですね。

国民の義務である畜犬登録、毎年行う狂犬病予防注射。その費用、1頭当り6200円。


当然、しなければならない事ですが、殆どの業者は履行していない。
それを請求するのは当然の事と思っています。

また、保護当時に羅漢している感染症や病気があります。
これらに対して、血液検査や診断結果による治療行為に係る医療費が必要です。
少なくて済む子や膨大な治療費が係る子もいます。
全てを請求したいのは山々ですが、最低限の費用として雄で1万5千円、雌で2万円を請求します。
(金額が同じですが、決して不妊手術費用目的の請求ではありません。)
確かな金額が治療後でないと判明しないから概算で請求額としているのです。
どうも憶測で勝手に解釈して言われる方がおられるようなので、あえて弁明しておきます。

大切な支援金を、自分自身の怠慢で崩壊した繁殖業者の為に使う事は、はっきり言って、間違いです。
間違いですが、結果は、救った犬の為になるからと大事なお金を使っているのです。
決して繁殖業者の為ではありません。
だから業者に相応の負担を求めているのです。

通報して来た方が、私に言いました。
「団体には支援金や寄付金があるでしょう。それは犬の為に寄付されたのだから業者には請求しないでその支援金を使ってください」と。
私は説明しました。
「それは違うでしょ。これらの支援金や寄付金は、苦しんでいる犬たちを救ったりケアをするために活動している行為に、賛同された方からの善意です。それを一業者の怠慢な虐待飼育を行って崩壊した人に使うものではない。結果は犬の為になるから使ってはいるが、一部の負担は当然と考えているから、請求はします」

しかし、今まで請求をしたが、誰一人、支払った者はいません。
犬を虐待飼育した人間が、団体が請求をしたくらいでは支払うはずもない。
それらを請求した意図も判らず、金員を請求した愛護団体はおかしいと、言う人も居る。

その人たちは支援金や物資を送ったわけでもなく、事後にあれこれと否定的な事を言うだけだ。


今回の大宰府レスキューでは、現地に真っ先に駆けつけた通報者やJKC幹部の方々は、当初、懸命に救助活動をされていた。
フードが無いと知り、家に戻りフードを搬入されていた。
清掃も屍骸の片付けもされていた。保健所の職員さんも共同作業をされていた。
私が現地に飛ぶまで地元支援者に応援を要請し、彼女等は先に到着して作業を手伝った。


ボランティアさんたちは、犬が可哀想だから参加したのです。
その行為は尊いものであり批判される筋合いはない。
私たち団体も遠方ではあるが救助に向かった。
事後に批判されるのであれば、地元で解決を図って欲しかった。後で、「言うは易し行い難し!!」だ。

JKC幹部の方が、繁殖業者に犬を手放すように求められたが業者はそれを拒否した。

いつもそうだが、時が過ぎれば同様の事をまたするので、商売道具である犬を中々、手放さないのだ。
それを私は知っているので、間髪入れずに所有権を放棄させるのだ。
その時を逃すと、不幸な環境下にいた犬たちは、またぞろ繁殖に使われる可能性が出てくるし、仲間の業者に引取られた場合も同様に商売道具として繁殖させられる運命になってしまう。
それを防ぎたいから、初期の行動が肝心なのである。

初期行動についてだが、こういったノウハウはレスキュー活動をこなしていないと、判断を見誤ってしまうのだ。
助けられるものも助けられなくなってしまうのだ。

今回、大宰府レスキューでも、私のやり方に批判的な方がいると噂に聞いた。
次回、同様の事件が起きたら、私ではなく地元民で救助されたら良い。
そして治療ケア、飼養管理して不妊手術を施し、里親募集をし、一般家庭へと送り出して頂きたい。
何も滋賀くんだりから走らなくてもいいようにしてもらいたい。

通報しただけでは、犬は救えない。それをレスキューしたとは言えないのだ。
全頭保護をして治療を施し、最後まで面倒を見て第二の犬生を送らせる。これをして、完結なのです。

支援金は大切な活動原資です。しかし寄付金だけを頼っていては救えないのです。
足りなくなったら自分自身のお金を投入する覚悟も必要です。
他力本願では何事も成就できないのです。

余談だが、保護した中にブルドッグがいた。妊娠しているというのだ。
そのお腹の子を欲しいが為に業者が引き取りを希望していたのだ。
私はその話を聞いて、
「チワワもブルもみんな、同じ犬だ。この子だけを引取り、他の子は放って置く。
そんなことはさせるものか。救うなら全頭救え。」と一喝した。
なんでレスキュー現場に集まった連中からこんな話が出るのか。神経を疑う。
私の方針は、レスキュー時に妊娠していたら、堕胎をする。
望まれないで生まれてくる子を出さない為だ。それに衰弱している母犬を救う方が先決だ。
餌も存分に与えていない犬に交配させた業者にこそ、文句を言うべきだろう。


あまりにも批判的な言葉を最近、耳にしたもので、つい言いたくないことまで、言いました。
賛否はあると思いますが、皆様でご判断いただきたい。

これしきで私の考えは、変わる事はありません。
いつでも苦しんでいる犬がいたら、何処へでも飛んでいきます。
ご安心ください。

近々に九州地方で大型繁殖場崩壊が出ます。

口先だけでは1頭も救えませんよ。
批判的な方々と地元有志の奮起をお祈りいたします。

動物虐待監視委員会



ご協力をお願い致します。

動物虐待監視委員会入会申込書

レスキュー基金

この記事のトラックバックURL

http://angels1947.blog104.fc2.com/tb.php/152-ab667e55

コメント

代表!! はっきり言って頂いて、すっきりしました!!
大宰府レスキューの現場に入ったという方のブログを拝見しました。
「思ったよりも、犬達が皆 元気にしている」「レスキューはしたことがない」「保護する場所の確保を 保健所が考えてくれようとしていた」 冗談じゃない!!!
水も餌も 昨年秋から与えず、死骸がゴロゴロしている現場で、どこを見て、元気というのか!!
保健所が 保護の場所を確保してくれる?? 代表が言われるように、犬達全頭が 本来の犬の姿に復帰し、里親が見つかり・・それまでに 何ヵ月、最悪、何年 かかるのか!それまで、保健所が場所の提供をしてくれるのか! それまで、誰が 毎日毎日、餌をやり、ウンチを取り、表に出る皮膚病や内臓疾患が出た場合、誰が どのお金を持って、病院に走るのか!!
そんな素晴らしいチームなり人脈があるのなら、何故、あんな状態になるまで、ほったらかしにし、沢山の死骸を並べたのか!!

今の世の中、電化製品だって、お金を払わなきゃ、引き取ってくれない。 それを、自分の不始末、自分の怠慢から起こした事態を 何のペナルティーもなく、ただ引き取ってもらえるなんて考えてる時点で、社会通念がなさすぎる!!
自分の食事代や家族の生活を支えてくれていた犬達に対して、お金がなかったから、餌もやれなかった???!
犬に餌をやれないほど お金がなくなっても、自分や家族は ちゃんとご飯を食べてただろうに・・・。
ブリーダーは もちろん、AAは 偽愛護だから、関わるなと言われていたとおっしゃる方々も あまりにも 自分勝手、自分都合でしかない。 そんなに AAが信用できないのなら、何故、自分達で 目の前の犬達を生かそうとしない!!何故、一年も立たないうちに、同じ福岡で、連続して、あんな現場が出てくる!!!

代表! 代表のコメントを読んで、気分すっきりしたはずなのに・・怒り心頭になってしましました。
私のコメントが、このブログにふさわしくないと思われましたら、削除してください。
最後になりましたが、今回のレスキューも 遠方までの往復など、ほんとに お疲れ様でした。そして、あの大きな体をしながら、ガリガリにやせ、おびえた目をした仔たちを救って頂き、本当にありがとうございました。
「小さな命」が救われる社会は 全ての生き物に対して優しい社会だと信じています。その実現にむけて、どうか、どうか、よろしく お願い致します。
大阪の仔たちは 皆 元気です。毎日、きちんと 人間の作業手順を覚えていて、トロイ私の作業が進むのを おりこうに待っていてくれます。 まぁ、中には 待てずに、ぎゃーぎゃー催促する仔もいますが~~~☆
有り難うございます。
林代表、いつも大変なレスキューに躊躇せず行動を起こしてくださり、本当にありがとうございます。「可哀想なだけでは救えない、口先だけでは一頭も救えない!」 全くその通りですね。劣悪蕃殖場の犬たちを救うことがどんなに困難な事かは,レスキュー後の対応の大変さを考えただけでも解ります。私達には、この一歩を踏み出すことはなかなか難しいのです。他力本願な考えで申し訳ないのですが、そのためにこそ経験を積んだA.Aさんのような愛護団体を支援するのです。

支援物資、支援金はその応援の気持ちの表れであり、何人からも強制されることがない、全くの自己責任で行うものです。国の内外を問わず、支援要請を全くしないどうぶつ愛護団体を、私は今のところ知りません。今全国の保健所で、経営不振に陥った繁殖業者によって繁殖犬達が殺処分のために持ち込まれていると聞きます。犬らしい自由で健康な生き方を奪われ、散々繁殖にこき使われた挙げ句に、保健所での苦しい死が待っているとは、あまりにも不憫です。



この犬たちの苦境が人間の仕業なら、それを救う事ができるのも人間であり、また人間の果たすべき償いではないでしょうか。
どうぶつ愛護の方法論など、人間同士の意見の相違はありましょうが、消えていく動物たちの命は待ってはくれません。垣根を越えて命を護る活動をと、心から願うものです。

三寒四温の日々ですが、代表はじめA.Aの皆様、お体にはくれぐれもご留意下さい。ワン達をよろしくお願いいたします。

日々の活動本当にお疲れ様です。
どうか お身体を大切にしてください。沢山の命の為に。

今回のレスキューで様々な言葉が飛び込んでいますね
予測していた事とはいえ ウンザリです。行政が犬レスキューをしてくれるとか? だったら崩壊はなくなるでしょう
この 不景気の波に明日の生活も不安でなんとか 食べていけるよう 人間社会も困窮しています。あれこれ人の行為に余談を言う気持ちになれません。何処まで自己欲が強いのでしょう 常々言ってますが 因果応報なんです 一度の自分の人生を開運するのは 自己の心です。
金持ちになれなくも人生を人生として送れるでしょう 歪んだ気持ちは 自分の魂を傷つけますから。レスキューしてもらい犬達は幸せです氷山の一角です
人間社会がつくりだした恥です
もっと 大きな心で
犬達を包み込む気持ちがもてないのでしょうか。
蓄犬登録費等は 当たり前のこと 数ある愛護団体は 里親や保護者から 一部負担金を貰っていますよ 責任です 愛護団体を尻拭いと思う方がおかしい
私も 何匹か里親に出していただきましたが 負担しましたよ
助けてくれてありがとう。
悪質な人間達が、どれだけ知ったかぶりをして真実をねじ曲げて嘘を言って騒いでいても、AAに助けられた29頭の子達がすべてを知っています。すべてを見ています。すべてを目で語っています。.

それが判るのは、29頭の、この子達を助けたAAの今この子達の身体に毎日触れ、目を見て話しかけ毎日この子達と会話をし、ケアをしてお世話されているAAの皆さまです。
寒い中、毎日大変お疲れ様です。
周りで騒いでる人達は、ここに来て状況を見てるのにも関わらず、なぜ、あぁも歪んだ、嘘の言葉しか出ないんでしょうね…。
これだけのたくさんの愛情を注がれた、それが伝わってくる日誌から偽愛護という言葉がでることが、同じ人間として信じられません。活動への批判ですか…。批判する前に行動して欲しいです。憶測だけで批判してる方、自分はやらなくても団体がなんとかしてくれるとお考えの方、この場を借りてお願いです。スタッフの方は、多くの子のお世話に追われる毎日を過ごされています。一日だって休むことはありません。日誌をご覧になってるのですから、それくらいはおわかりではないでしょうか。シェルターにも体力にも限界はあります。是非、簡単に通報される前に、地元で問題が解決できるように、一生懸命頑張ってください。働きかけてください。自ら動いてください。そしたらレスキューの大変さも、レスキュー後の大変さもわかっていただけるのではないでしょうか?騒いでる方は、何も知らないで情報だけ鵜呑みにしてる方、
ご自分のやり方だけが正しいと思われてる方だけのような気がします。真実はワン達の表情にあると思います。愛情たっぷり注がれた表情とは、笑顔とはどんなものか、私はここで初めて知ることができました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

林代表、お疲れ様でした。
まずは、保護完了お疲れ様でした。

でもこれからが本番なんですね。

お風呂入れて鎧毛脱がせて病院と投薬と栄養管理と・・・

ビーグル預かった事がありますが、大変でした。

平常時の健康管理費だけでも2万は行くでしょう?

疲れたって寝てはいられないし・・・

世の中、口と頭の壊れた人が増えましたが

そんな人は相手にすると疲れるだけ損です。

やり過ごしたが勝ちです。

ご自身の体をいたわり、これからもワンたちをよろしくおねがいします
AAの皆様、いつもご苦労様です。ずばり一言や活動日誌をみて涙しています。保護された犬たちが日々、快復している様子がうかがえるのが楽しみです。大変でしょうが宜しくお願いいたします。レスキューしてからが大変な毎日が続くのですね。それを批判している匿名の人がいます。何故、現実を見ないのでしょうか。Kまりみという人のブログには酷い誹謗中傷が書かれています。あの人は青森県の学校の先生をしていると知りました。子供に教育を教える立場の人間が、人を批判するのはどういう神経の持ち主でしょう。病んでいるのでしょう。可哀想を通り越して、憐れです。負けないで活動をしてください。今の日本にはAAのような実行力を持った団体はいません。アメリカの友人からも応援をもらっています。来日したら一緒にお伺いする予定です。友人もアメリカで動物愛護団体に所属していますので、ぜひ滋賀シェルターに行きたいと言っています。その時は宜しくお願いいたします。
私達にできること・・・
はじめまして 宮崎と申します。

何度もコメントをしようと 書き始めますが・・・いつも最後まで書き終える事が出来ません。
たくさん 言いたい事や皆にこうして欲しいと願いたいのですが・・
自分がこのような現状があると知ってから
ものすごいショックと 苦しんでいる犬達に何がしてあげれるのか 自分が疑問です。
こんなに酷い目にする人たちが どうしても理解できません。
林様の様な方を批判する人がいる・・理解できません。
うまく表現できないですが 少なくともうちの小学6年生の娘・小学4年生の息子には このような信じられない現状があることは 親として説明し 動物たちの苦痛をわかって欲しいです。
私たちに出来る事・・・・
私に出来ない事を 行動として彼たちを救っていただき
ありがとうございます。
本当にすみませんと ありがとうの気持ちでいっぱいです。


太宰府レスキューの真実について。
ひろしまドックぱーく原告の会代表、鎌田まりみ氏と、AA反対期成同盟ブログ主による、太宰府レスキューの真実と題し同じような内容で書かれています。

青森県在住の鎌田氏。高島市在住?のブログ主。ご本人達は、このレスキューの現場に行って参加したこともなければ、ご自分の目で見て確かめた方でもありません。参加した人の話を聞いて、それを文字にして発信しています。

あちらサイドではAAが29頭の、この子達の命を救出し、現在、滋賀のシェルターで統括をはじめ、ボランティアの皆様、遠くから応援に駆けつけて、お手伝いしてくださっている方々により手厚い看護を受け、日増しに快方に向かっていることの真実を誰一人として今まで述べていません。

それどころか、この真実をねじ曲げて、同じような内容の表現をしているお二人には笑ってしまいました。
すでに毎日、統括の日誌によって、この子達のことは画像を通して発信されている事実があります。

この事実を分かろうとしたくないのは反AAです。

AAに通報された方。
貴方は、この子達を助けたい一心でAAに通報されたのですよね。
AAは迅速に行動を起こし、29党の子達を救出されました。

この子達の命は、AA以外の実際に現場に行って協力された方々にもより助けられましたね。
守られましたね。

貴方の通報で、貴方を信じ、一刻も早く救出しなければ、命の炎が消えかけている子がいるかも知れない。
苦しんでいる子達を助けてあげたい一心で滋賀から新幹線に乗って、そちらに向かったAAを、どなたかが言われた、来なくてもいい云々話。

AAは引き返せますか。
AAは動物愛護団体ですよ。

感謝の言葉を述べるどころか、自分勝手な解釈からレスキューが終わった今になってAAを批判し、AAにレスキューを委ねたことを後悔していると、貴方は言ってます。

生きたいと!!あの劣悪な環境下の中で必死になって頑張ってきた子達です。
今、滋賀のシェルターで手厚い看護を受け、生きるために頑張っています。

この子達をお世話されている皆様、ご支援者さまのご協力により日に日に輝きが出てきて、元気が出てきています。

貴方は、その子達を目の前にし、その子達の目を見て、AAに委ねたことを私は後悔しているのよ。と言えますか!
毎日この子達に話しかけ、ケアを、愛情を持ってお世話されている皆様に面と向かって同じ言葉が言えますか!

助けられた子達がそんなに心配で、心配でならないのなら、何故、鎌田まりみ氏の手に頼らないで、滋賀に行って、ご自分の目で確かめる行動をおこさないのですか。

食べ物も与えられず、水もなく、お腹を空かし、想像絶する苦しみの中で、誰にも看取られず寂しく亡くなって逝った子達。
亡くなって日にちが経ってない子は、まるで眠っているかのようでした。
本当に心が痛みます。
AAに、もう少し早く情報が入って早く行っていれば、助けられた命の子だったかもしれなかった。
残念でなりません。
今回、AAがレスキューに入っていなければこの29頭の子達全頭も、いづれ亡くなっていたことでしょう。

反AAの方。
一番批判されなければならないのは、一番問われなければならないのは、この29頭の子達の命を救出したAAではありません。

この太宰府の繁殖業者です!!

その繁殖業者を棚に上げ、命を救ったAA叩きのオン パレード。現場に行ってもいない。確かめてもいない鎌田氏、反対期成同盟ブログ主が、これが太宰府のレスキューの真実だと言えるのですか。
真実を知っているのは、あなた方ではありません!

当事者の方の心の中です。

そして、AAに助けられた、ワンちゃん達です。





林代表のおっしゃっていることはまさにその通りだと強く思いました。口だけで行動が伴わない人は、実際にレスキューされてる団体にあれこれ言う資格はないです。救ってなんぼです。口ではなんとでも言えるし、口だけで言うのは誰でもできるかんたんなことです。
妨害、はんたい
妨害運動、してる方は、何を 考えてるんでしょうか???

何が、教師?

目の前の、命を助ける活動を、妨害する権利があるんですか?

子供に、命を教えてる?笑っちゃうよ~

命を教えてる、教師が、保護活動を、妨害?

ふざけすぎ。
呆れるわ~
400頭、妨害
400頭の、犬 レスキューを、妨害してるみたいですね?

400頭の 動物が、苦しんでるんですよ。

妨害と言っても、広島ドッグパークの、過去の話しを、いまだに文句つけて、妨害運動ですか??

400頭は、生きたいんですよ!!

妨害運動、する人物は 許せません

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。