動物愛護団体ARK-ANGELS 代表ブログ「ずばり一言!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レスキューの意味 パート2



人気blogランキングへ


* 大宰府レスキューの報告
早いもので、レスキューから3週間が経過した。
保護した29頭は、穏やかな環境に慣れてきたのか、安心してきたのか、要求吼えが出てきた。
犬舎を清掃していると、アフガンの1頭が窓越しに顔を出してケージのトレーを取ろうとしている。
悪戯をする元気がでてきたのだ。
思わず、吹き出してしまったほどだ。
今まで立つ事がやっとの事だったのが、遊ぶ事をしてきたからだ。
他の子たちも糞の状態は至って良好。
体重も全頭、増えてきています。
活動日誌を見ていただければ、日々の状態が判りますので、ぜひご覧下さい。
毎日、多くの方々からご声援を頂き、たくさんの物資も届いております。
ご支援金のご協力にも感謝いたします。有難うございます。
全国の皆様のご協力と励ましが活動を支えています。
今後とも宜しくお願いいたします。

代表  林 俊彦


レスキューの意味 パート2

今回の大宰府レスキューについて、
現在、保護している犬たちは滋賀シェルターにいますが、仮還付中で法的には証拠品扱いです。
先日、福岡県警との打ち合わせにて、今回の事件については、必ず立件して今後二度とこのような悲惨な事件が再発しないように厳罰に処してくれるようにお願いをしました。
担当警察官は、通報が警察に入り、現地に入ったのだからきちんと捜査をし検察庁に報告します。その後は検察の判断になります。との事だった。
もし、検察が告発しなければ団体が告発しますから、と伝えました。

去年9月、福岡にてブリーダー崩壊現場があり51頭の命を救った事があった。
このブリーダーは劣悪環境で繁殖を続けていたが、その後、廃業を条件に犬を不幸にしたことに反省することを約束し、告発を控えていたが
反省の色もなく団体からの請求(畜犬登録費用、狂犬病予防注射費用、搬送費用等の請求)を無視し、他の者に団体の悪口をしたという情報が入った。
しからば、懲りない面々として、このたび、告発を断行する事とした。

世の中には、こうした懲りない面々がいるし、自らが犯した罪に対しての罪悪感がないのだろう。
酷い不衛生な環境にて犬を繁殖し、施設の改善はおろか病気や感染症に対しても慢性化していておおよそ治療行為も行ってはいない。
ブリーダーというより悪質繁殖屋を世の中から淘汰していかなければ、今尚苦しんでいる不幸な犬たちを救えない。
3年前のひろしまドッグパーク事件では、不幸にも広島検察庁は不起訴処分とした。
時代が進歩した今、大宰府繁殖場崩壊事件では、福岡検察庁は起訴し有罪にすると期待している。
動物に対し、給餌給水を怠り死に至らしめた虐待行為は、決して許されるべきではない。

当然、罰を受けなければならない。


団体には毎日のように、相談の電話が掛かってきます。
犬や猫を保護したが、どうしたらいいか?
飼犬を引越しの為、飼えなくなったが、どうしたらいいか?
虐待飼育されている犬がいるが、どうしたらいいか? などなどである。

通報して来た人は、少なからず動物に愛情を持つ人たちである。
何とかしたい、してあげたいと願う人たちである。
中には自分勝手な理由で飼育放棄をする人もいた。
それらに応えるべく、行政の動物担当官よろしく、時間を掛けて相談にのっている。

その中で、或る件に関心があった。
或る県にて繁殖場崩壊があり、地元有志が集まり、何とか1頭づつでも保護をして助けようとしているグループがいた。
ひろしまドッグパーク事件の時に団体譲渡を引き受けて頂き、ご協力をしてくれた方が、そのメンバーにいた。
本来、地元で繁殖場崩壊があれば地元の方が率先してレスキュー活動を行い保護してあげるのが大道である。
レスキューのノウハウを指導し、助言をする。
そして全頭、保護して欲しい。

現在、遅々としてレスキューが進まない状況と言う。
中々、繁殖場の経営者が犬を手放さないらしい。
仲間の繁殖業者の手に渡れば、またぞろ繁殖に使われる感があるのだ。
せっかく、助け出そうとしても、出来ない大きな壁である。
焦る気持ちを抑えて助言をするに留まってはいるが、今すぐにでも行動を起こしたい気持ちではある。
地元グループには援護射撃はした。
管轄の動物管理センター、保健所には調査を依頼した。
行政も協力的に対応してくれて、調査に乗り出すことを約束してくれた。
場合によっては、畜犬登録、狂犬病予防法にて告発対象にすることにも協力してくれる。


最悪の場合、地元ボランティアグループがこれ以上、レスキューが進まないようであれば、私の出番となるのだが、出来るだけ控えにいて状況を見守る事にしている。
昨日、タイムリミットがきて、ギブアップ宣言があったが、もう少し頑張って、と助言する。
来週に助け出すことが不可能であれば、出動するつもりだ。

北九州方面からも崩壊現場情報が入り、救いを求めている現場がある。
今回、福岡、太宰府市と2件、あったが、地元の対応が批判的だったので、行く事には躊躇している。
出来るだけ、地元の方や愛護団体さんに頑張ってもらいたい。
私がレスキューした事に不満を言われている方々に是非、レスキュー活動を実践して頂きたいものだ。そうすれば如何に大変な活動であるかが判ることだろう。
当団体を支援する人たちのブログに誹謗中傷されている面々にも、レスキューを実践されたい!!

口先だけでは犬の命は救えない。
言うは易し、行い難し。


動物虐待監視委員会



ご協力をお願い致します。

動物虐待監視委員会入会申込書

レスキュー基金

この記事のトラックバックURL

http://angels1947.blog104.fc2.com/tb.php/153-7961a2df

コメント

林代表
犬たちのため、奮起していただきありがとうございます。

去年9月、福岡にてブリーダー崩壊現場があり51頭の命を救っていただいた中の1匹(梅ちゃん)の、里親にならしていただきました。
ブリーダーから長年の酷使された結果が、梅ちゃんの体から見える十分すぎる位見えました。痩せた体、何度ものお産、抜け落ちた歯、裂けた耳、、、、。

日々、梅ちゃんへの愛情が増すのと同様に、AAがレスキューに入っていただいた感謝とブリーダーへの憎悪が増します。

時間をかけてボロボロになった犬の体を、健康体に戻すには時間と愛情と費用がとてつもなくかかります。

それを「すみませんでした。もうしません。」で済ましてはいけないと思います。

代表がおっしゃる通り

「当然、罰を受けなければならない。」

人たちなのです。

犬の世話など大変お忙しいと思いますが、お体にはお気を付け頑張って下さい。

応援しています。
たった1匹の犬でさえ保護することは 時間とお金がかかることです そんな無責任な飼い主から放棄された犬を保護していることに 周りの方は批判します
そう 何もせず困ると犬を処分するよう捕獲依頼をします。そんな方にも飼い犬がいるわけで おかしなものです
愛護団体は沢山ありますが なかなか引き受けてはくれません 丸投げでなくてもです
里親探し会に参加して不愉快な思いをしたこともあります
団体以外の保護犬に対しては 迷惑そうな顔をしたり 物資を支援しても 言葉の一つもない所もあります。それでも保護犬の幸せのために自分で出来ることはしています。
AAさんにさまざまな批判を投げかけているかたがあるようですが 御自身が自己の時間とお金を使い保護犬を助けてあげているのでしょうか 心ない愛護ボランティアは 他にもありますよ 言いたい事は山ほどあれぞ意味をなさないためそのままでいます
AAに心からエールを送ります。
統括の日誌でも、ワン君達の画像を見れば、どなたが見ても一目瞭然!!

こんなにも輝いて…こんなにもイキイキとして…走ってる。走ってる。これが本当の本来のワンの姿ですよね。感謝です。

感動です!!

今までのAAに助けられたワン君達に対してもそうですが、反AAの人達は、ワン君達の変化に判っていても絶対に!絶対に!話題にしない。
出来ないのです。

それどころか、ワン君達を、お金儲けにしている、と言うような根も葉もない書き込みをやっています。
反AAには何故、こう言う心の持ち主が多いのだろう。

一生懸命に活動している方達に、誹謗中傷を必死でやって何の徳があると言うのだろう。

こう言うことをやっている人達は、いづれ自分が必ず苦しむことになると言う事が解らないのだろうか。
本当に気の毒に思います。

林代表!!私は、おっしゃる通りだと思っています。

多くの頭数の命を一度に助けるということは、全てにおいて整った環境でなければ救えないと思っています。
本当に、よく頑張っておられると思います。

そして、悪徳ブリダー撲滅には半端な心の応対で出来るものでもないとも思っています。

林代表の、今も日本国中のどこかで劣悪な環境下で苦しんで助けを求めている子達のために、勇気ある行動、心からエールを送ります!!

AAに助けられた全てのワン君達が笑顔で見守ってくれています。もちろん!天国に行った天使君達も、そして私達も、AAに心からエールを!!

多くのワン君達の命を助け、守り、里親様の所に行くまでの皆様のご苦労は、それは大変なものである思います。
お体にお気をつけられて、これからも“ご自分の信念”を貫いて頑張っていってください。


日本を代表する、動物愛護団体アーク・エンジェルズ!!

劣悪蕃殖場
皆さん、まずこれを見てください。

http://www.hsus.org/pets/pets_related_news_and_events/nc_puppy_mill_020609.html

動物愛護先進国と言われるアメリカでも、その広大な国土故に、まだまだ見えないところで、日の当たらない劣悪蕃殖場で、沢山の動物たちが苦しみにあえいでいます。いわゆるパピーミル撲滅のために、アメリカ最大の動物愛護団体は日々戦っています。そのためには何ら躊躇しません。動物たちの苦しみを自らのものと感じる感性と、深い愛情があるからなのでしょう。

翻って日本の現状を考えるとき、特にこの度の太宰府市の劣悪蕃殖場レスキューの例を引くまでもなく、共に協力し合って犬たちを命の瀬戸際から救い出すどころか、足を引っ張り妨害する人たちがいると言うことは、どういうことでしょうか。動物愛護云々の前に、人にも動物にも同じ尊い命があるのだという、人間の側の認識の欠如が劣悪蕃殖場をのさばらせ、動物たちをさ
らなる不幸に追いやっていると思えてなりません。
レスキューにはお金もかかるし、人手も要ります。これは常識です。アメリカの愛護団体も、レスキューの際には大々的に支援要請をし、志を同じくする人たちがそれに呼応して様々な形でのサポートをするのです。

協力してくださいとまでは言いません。せめて、レスキューの足を引っ張ることだけはやめていただきたいと、妨害する人たちに心からお願いいたします。それはとりもなおさず、救われるべき動物たちの命を死に追いやることだからです。犬や猫を家族として暮らしている方々も、中にはおられることでしょう。その家族を抱きしめて、その目をしっかり見て、命を救うことの意味を今一度感じ取っていただければ幸いです。

代表、いつも お疲れ様です!
日誌にて 今回の大宰府レスキューの仔たちが どんどん 元気に、生き生きとしてくるのを 日々、拝見し、なんだか 嬉しくなります。「小さな命が守られている」姿ってのは 理屈ぬきに、人間の心も優しくしてくれるんですね。ありがとう ございます!!

先日、テレビにて、アメリカのアニマルポリスの番組を見ました。
日本の幕末時に、アメリカでは アニマルポリスが 公的な警察組織として作られているんですね。 びっくりしました!
病気の犬を病院に連れて行かなかった、餌や水を与えなかったのは、当然、不衛生な環境で飼育している・・そんな細かい部分まで規則で決められ、動物虐待となり、罰則として、禁固刑まであるとか・・いつも 代表が 日本は 動物愛護後進国だとおっしゃっている意味が 恥ずかしいほど よく分かりました。
と同時に、アニマルポリスにおいても 保護期間が十日間しかなく、その後は やはり 殺処分。
今は 愛護団体と協力し合って、一頭でも 多くの犬や猫の里親探しを実施しているとか。
一頭でも多くの・・ではなく、全頭の生きる道を与えてやりたいものです。それが出来るのは 沢山の人間の手と知恵、人間同士の協力、連携しかないのですよね。
代表が、日々、何度も 何度も 口に出し、主張してらっしゃる世界ですよね。 その実現が 一日も早くおこなわれますよう・・どうか よろしく お願いします!!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: 劣悪蕃殖場
皆さん、まずこれを見てください。
(ショッキングな映像もありますので、ご注意くださいね。Help stop puppy mills の画像は大丈夫ですが、他の映像などは、お子様はご覧にならない方がよろしいかと思います)ark-angels

http://www.hsus.org/pets/pets_related_news_and_events/nc_puppy_mill_020609.html

動物愛護先進国と言われるアメリカでも、その広大な国土故に、まだまだ見えないところで、日の当たらない劣悪蕃殖場で、沢山の動物たちが苦しみにあえいでいます。いわゆるパピーミル撲滅のために、アメリカ最大の動物愛護団体は日々戦っています。そのためには何ら躊躇しません。動物たちの苦しみを自らのものと感じる感性と、深い愛情があるからなのでしょう。

翻って日本の現状を考えるとき、特にこの度の太宰府市の劣悪蕃殖場レスキューの例を引くまでもなく、共に協力し合って犬たちを命の瀬戸際から救い出すどころか、足を引っ張り妨害する人たちがいると言うことは、どういうことでしょうか。動物愛護云々の前に、人にも動物にも同じ尊い命があるのだという、人間の側の認識の欠如が劣悪蕃殖場をのさばらせ、動物たちをさ
らなる不幸に追いやっていると思えてなりません。
レスキューにはお金もかかるし、人手も要ります。これは常識です。アメリカの愛護団体も、レスキューの際には大々的に支援要請をし、志を同じくする人たちがそれに呼応して様々な形でのサポートをするのです。
協力してくださいとまでは言いません。せめて、レスキューの足を引っ張ることだけはやめていただきたいと、妨害する人たちに心からお願いいたします。それはとりもなおさず、救われるべき動物たちの命を死に追いやることだからです。犬や猫を家族として暮らしている方々も、中にはおられることでしょう。その家族を抱きしめて、その目をしっかり見て、命を救うことの意味を今一度感じ取っていただければ幸いです。
AA叩きをされている方。
太宰府レスキューで非難されるべき人物を棚に上げ、いまだに29頭の命を救ったアーク・エンジェルズを叩き、騒いでいますね。

レスキューにあたり、林代表が相手に請求書を出された事は、レスキューする側の方にとっては私は当然の事だと思います。

その当然の行為に対し、金銭が絡むと、手のひら返した言動をしている人が居ますが見ていて、とても醜い。
このレスキューに関わった事のない、関係のない、ひろしまドックぱーく原告の会、鎌田まりみ氏もです。
AA及びその関係者の方を悪者して、ご自分のブログで騒いでいる方は一体、何を目的としておらてるのでしょうか。

それに、このレスキューについて、全く関係のない鎌田氏が、参加された方の話を聞いて文字にして発信するという行為を得意げに、いち早くやったつもりでしょうが、真実をねじ曲げての発言が、何処を取って今でも、これが真実!!だと叫んでいるのでしよう。

今までにも、一事が万事、鎌田氏は大事な所の間違いの訂正が多い。

勿論!人間ですから、誰だって間違いはあります。

しかし今回、当事者でもない鎌田氏が首を突っ込み、一方的に自分のブログから、関係者の一部の方との会話のやり取りをを自分の手によって文字にし、間違いの部分があるのを、そのまま発信したことによって、かき回す事となり、ご覧になっている方達も含め、周りを混乱させ、AA及びAA関係者の方の足を引っ張っています。、それが全部、何の罪もないワンちゃん達にしわ寄せが来る事が解らないのなら、鎌田氏の行為は人間性を疑います。

正論を述べても、騒ぐと言う次元の方達ですので、相手にしないで無視するのが一番の特効薬なのですが、放置すれば、それをいいことに誹謗中傷を始めるのが反AAでもあり、この人達でもあるのです。



上記の記述について、ひとつだけ気になることがあるのですが…。

費用の請求について、反対は致しません。
しかしながら、請求に入っている「登録料・手術代」などといった費用は、里親様からもいただいているので、二重搾取になりませんでしょうか?
請求をされるのであれば、里親様には無償譲渡するべきではと思います。
Re: タイトルなし
> 上記の記述について、ひとつだけ気になることがあるのですが…。
>
> 費用の請求について、反対は致しません。
> しかしながら、請求に入っている「登録料・手術代」などといった費用は、里親様からもいただいているので、二重搾取になりませんでしょうか?
> 請求をされるのであれば、里親様には無償譲渡するべきではと思います。

ご指摘の通り、繁殖業者が費用を負担したならば、里親様からは頂くことはありません。あくまで立替費用ですから。また手術代としては請求をしておりません。ブログ記事を良くお読みください。治療費の一部負担としています。二重搾取ではありませんのでご理解ください。ark-angels
>あくまで立て替え費用ですから…
とおっしゃるならば繁殖業者から回収できなかったとしても、立て替えをした責任は団体が負うべきではないでしょうかそれを、里親様に丸投げしてしまうのもどうかと思います。しかし、だからといって里親様に無償譲渡とゆうのはいかがなものかとも思います。生き物を飼うとゆう事はその子の命に責任を持つとゆう事なのですから、もちろんある程度の経済力は必要だと思うのです。動物だからと、かけなければならないお金を出し渋る様では渡す方も不安ですしね
お金、お金といえば聞こえは悪いですが ある程度の費用を負ってもらう事で、里親になる方にも レスキュー犬を飼う覚悟みたいなものを持って頂けると思うし、渡す側も 里親を選ぶ基準にもなると思うのですが

Re: タイトルなし
> >あくまで立て替え費用ですから…
> とおっしゃるならば繁殖業者から回収できなかったとしても、立て替えをした責任は団体が負うべきではないでしょうかそれを、里親様に丸投げしてしまうのもどうかと思います。しかし、だからといって里親様に無償譲渡とゆうのはいかがなものかとも思います。生き物を飼うとゆう事はその子の命に責任を持つとゆう事なのですから、もちろんある程度の経済力は必要だと思うのです。動物だからと、かけなければならないお金を出し渋る様では渡す方も不安ですしね
> お金、お金といえば聞こえは悪いですが ある程度の費用を負ってもらう事で、里親になる方にも レスキュー犬を飼う覚悟みたいなものを持って頂けると思うし、渡す側も 里親を選ぶ基準にもなると思うのですが

この件については、団体それぞれで扱いが違うでしょうが、私どもの考え方としては、事を起こした繁殖業者が本来、しておかなければならない畜犬登録、狂犬病予防注射の費用の負担は当然であると考えています。また、里親様にはこの2件の負担をお願いしております。
団体が責任を負うのは当然ですが、里親様に丸投げというのも少々、意味合いが違うと思います。
団体は、犬を保護した時点で全てに責任を負っています。不幸のどん底から救い、健康体に戻すまで並大抵ではないお世話が要ります。その為には相当の費用も掛かっているのです。全てを募金で賄えるかと言うと、そうでもないのが現実なのです。少しでも里親様にご負担をお願いしています。ご理解をお願いいたします。
ark-angels
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。