動物愛護団体ARK-ANGELS 代表ブログ「ずばり一言!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徐々に確実に進歩



人気blogランキングへ


徐々にではあるが、支援者は確実に増えている。
もっと頑張って世の中の不幸な犬たちを救ってください。と、支援者からの激励文がたくさん寄せられています。
某フードメーカーも支援を約束してくれました。
先日、滋賀シェルターに来られた女優の杉本彩さんも今まで通り、支援を表明してくれました。
私たちの地道な活動を見守って頂いた結果であります。

そんな中、相も変わらず反対運動を展開している連中もいる。
顔の見えない匿名性の高いネットの中での話である。
未だに噂や憶測で判断し、誹謗中傷を続けているのである。
私は、今まで我慢しそれらに対して反論をせずに黙していたが、今は毅然とした対応を取っている。
そのせいか、悪質なブログなどはブロバイダ会社により強制削除が実施されている。
これらは目に余る言動が活字になっていた証である。

今の時代、手軽なネット社会での誹謗中傷、侮辱などは悪質な犯罪である。
誹謗中傷、侮辱、差別用語などで自殺を図った人もでている社会。
根拠のない噂や憶測、事実か事実でないかも問題ではない。
人を批判すること自体が問題なのである。
これは子供でも判る論理である。

私たち団体がレスキュー活動を実践したとき、異を唱えた連中がいたが、何も行動を起こさない連中が妬み、批判的な言動を口にしていた。
真実は、不幸な犬たちが救われ、日々、快復に向かい走り回っている現実である。

犬たちは、人間のように言葉を発しない分、身体で表現しようとする。
目がモノを言い、尻尾で喜びを表現し、身体で態度を示すのだ。
本能で純粋に判断し、敵味方を判別してくるのだ。
とても判り易い動物たちだ。素直なのでしょう。

最近、身内の不幸事で四国に行く事があった。
四国には八十八箇所参り、霊山などがあり行者の修練場も多く有る。
或る人の紹介でその行者の修練道場に行く機会が有った。
行者が私を見て「貴方には生霊が憑いている。」と言われ、すぐさま祈祷をして頂いた。

それから数日後、痛かった右腕は随分と良くなった。痺れは残るが以前ほどではなくなった。

行者曰く、人の身体は西洋医学や東洋医学で治るが、それ以外のモノは神道で祓えば治る。
信じるものは救われる、というか、兎に角、言われるままに御祓いをして頂き、少々すっきりしたものであった。

これだけネットや地元で反対運動が起きたら、些かの恨みや妬みが有っても不思議ではなかろう。

もうひとつ、生霊を発している人物は相手以上に神経をすり減らし、やがては自分自身に災いとして戻るそうである。
自分自身だけではなく家族にも災いが転じるのが生霊の世界らしい。
しかし、強い意志と精神力を持ってさえおれば、自然に治り、とり憑く心配はない、という。

人を恨むなかれ、人を妬むなかれ。である。
私も人の子。つい感情的になってしまうが、今後は気を付けようと心に念じたものである。

さて、大宰府レスキューの子たちは、日々、快復に向かい健康を維持している。
先日、管轄の警察署と話をし、犬の所有権の仮還付が終え、繁殖業者に再確認をし、正式に還付がなされて団体の所有となった。
今後は、快復に至った子から不妊去勢手術を施し、里親募集を開始したいと思っております。

既に、すぐにでも迎えたいという方もおられる。
盲目のゴールデンレトリーバーのテサロ君だ。
片目は完全に失明しており、もう片方の目も白内障が進行しており、ベールに包まれた状態であり、全盲に近い。
歩く姿は、地面を這うような姿勢で歩く、というより這いずり回る格好だ。
目が少しでも見える間に移り住み、生活できる場所を覚えさせたいとの里親様の希望もある。
警察の許可も下りたし、これで安住の地に行って第二の犬生を送ることが出来るのだ。

テサロくん、おめでとう!!
頑張れ、テサロ。

そして、新しい名前も決まっているのだ。
「あの子には少しでも太陽の下で光を感じて欲しい、そして、その生きる姿が、太陽の光のように私達にもエネルギーや希望や勇気を与えてくれる、そういう存在になるという意味が込められています。
日曜日は太陽神Solの太陽の日。英語はSun、だから、『サンディ』です。」
と心を込めて里親様が名づけられたのだ。いや、里親様のご友人でもある女優の杉本彩さんが名付け親でした。
「杉本さんらしい愛情に満ちた素敵な名前だと思います。よろしくお願いします。」と、ご報告を受けておりました。
サンディを迎え入れるために、自宅をバリアフリーに改装されたそうです。
嬉しいことですね。

また、今回の大宰府事件の繁殖業者は検察庁の調べも終え、起訴の方向という知らせも聞いた。

二度と同じ事件が再発しないように願い、厳粛な司法の判断を待ちたい。


もうひとつ、報告があります。
地元行政の高島市は、地元住民が反対運動を継続している以上、当団体と協定を締結する意思はないと報告がありました。
前任市長との会話とは180度の方向転換でしたが、現市長も政治家。色々、思案されての事でしょう。
民意を無視しての対話は好ましくないとの判断でしょうが、住民との軋轢を行政が仲裁する目的で協定書の話が浮上していたのですが、前市長との対話も市議会の承認もあった結論を無視されての決断には些か驚き、二年近くも尽力された担当職員さんの努力も気泡と化した結果は残念なことです。
新市長は反対派集会には出席し対話をされ、他方、当団体とは対話もなく面識もありません。
双方の意見を聞き、公平な判断をする立場の首長とは思えない所作ですが、この地域では有り得る所作なのでしょうか。
市職員さんには、本当に長い間、ご苦労様でした。
これで地元行政とは対話がなくなり地元住民との対話の機会がなくなった訳ですが、今までは、立ち入り調査や犬の頭数確認、犬の出入りを逐一、報告をしてきたのですが、それもなくなってしまったのです。
施設内への立ち入りや報告の義務、権利も消滅してしまって、反対している方は、本当にこれでいいのでしょうか?
別段、私は困る事はないのですが、不安要素があるから反対しているのであれば、協定を締結して施設を管理下においてチェックする方が賢明な策と思い、市とはお互いに協力して来たのだが、今後は何も見えないのでは、返って不都合になりませんかねぇ。
私は、ひとつ仕事が減っただけですが・・・。

やむを得ない結果でしたが、私たちは初心を忘れず、動物愛護の活動を粛々と継続していくのみです。
近日中にレスキュー活動が行われる予定ですが、また小さな命たちが施設にやってきて、命の灯が守られるのです。
世の中は変わっていっています。
狭い島国根性ではだめなんです。
動物愛護の精神が徐々にですが、確実に育っていっているのです。

ご支援者の皆様方のご支援ご協力を賜りたいと思います。
皆で助けましょう。小さな命を!!


ご協力をお願い致します。

動物虐待監視委員会入会申込書

レスキュー基金


この記事のトラックバックURL

http://angels1947.blog104.fc2.com/tb.php/155-b2c81203

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
新市長の協定締結、拒否について。
地元住民が反対運動を継続している以上、AA団体と協定締結する意思はないとの新市長の発言ですが、疑問に思います。

市長としてやるべき事は、AA進出によって一部住民が環境汚染などに対して不安を持っているなら、その不安を解消させる事が市長としての責務だと思います。

市長が協定締結しない理由は、協定締結する事によって、反対住民に対してAA進出を認めたように思われることを懸念されているのではないでしょうか。

AAは、法律及び条例に従って活動をされています。

当然のことですが、公人である市長は、このAAの活動を拒むことはできません。

新市長は反対派集会に出席され対話されているにもかかわらず、AAとの対話が無いのは間違っています。

なぜなら平等でなければならないからです。

市長ご自身が、選挙対策の為に反対住民だけに味方をされているのではないでしょうね。

高島市長の言動は高島市民だけが注目しているのではありません。

良識ある言動を望みます。

これからの高島市に動物愛護行政を期待します!!

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。