動物愛護団体ARK-ANGELS 代表ブログ「ずばり一言!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよか・・・

やはり動物愛護法の改正のせい・・・か。
6月に向けて、どんどんと遺棄されている犬達がいる。
それも家庭犬のはずだった小型犬。
ペットブームでショップで買い求め、要らなくなったと簡単に捨てている。
チワワなんぞは、どこぞのコマーシャルで大もてだった。
が、今では連れて歩くのも恥ずかしいと、簡単に捨てる。
捨てる人間が、恥ずかしいわい。

ここんとこ、毎日のようにダックスフントが遺棄されている。
一時は誰もかしこもダックスだったのではないか。

一代ミックスといって、馬鹿げた交配をしてチワックスと呼んで訳の分からんミックスを作っているブリーダーも出現しておる。
「世界で1頭しかいないあなただけのワンちゃんです」などと、馬鹿げたコマーシャルを言ってる。
それを自慢げに買う愚かな者もいる。

純血種を守っているブリーダーはたまらんだろう。

今度の改正で、まともなブリーダー以外は罰金の強化や取締りの対象にもなるので、この際、動物を商売にするのを止めて欲しいものだ。そして安易に命を買うペットオーナーも考え直して欲しいものだ。
日本中の愛護団体と連携して、要注意の動物取扱い業者は情報を共用し合えるように連絡を取っています。もちろん、業者だけではなく一般の飼主の不当な飼育、虐待には毅然とした態度で注意し指導していきます。聞き入れられなければ最終的には、告発をしていきます。

日本にはアニマルポリスはありませんが、私達、動物愛護団体がその役目をしていきます。
行政と相談しながら活動をし、動物監視員や警察官とも行動を共にして強い決意でやります。

「小さな命」を粗末にしている人間を放っておく事はしませんよ。

HPに載っているダックスフントの「キャド」くんの画像を見てください。
極度の栄養失調と脱水状態で危篤状態でしたが、命は取り止めましたが、まだ予断は許せません。

ここまで放っておけますか。

酷いを越えて、むごい!!

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。