動物愛護団体ARK-ANGELS 代表ブログ「ずばり一言!」

たった一日

昨日、某処分施設で保護したグレート・デーンがいましたが、生きる気力を失っていたかのような目をしていました。

老犬で、飼主さんは亡くなられて親戚の人が面倒を見れなくて施設に来ました。

時間が過ぎれば当然のように殺処分です。

27日、今日がその日でした。

処分1日前に連れ出して、事務所でシャンプーをし長く伸びきった爪をカットし、私の自宅に連れ帰り一緒に寝ました。

ジェーンと名づけて半日、呼ぶとこちらを向いてくれて傍に来ます。

1日過ぎれば、私のことを飼い主と思ってかそれとも命を救ってくれた恩人とでも思ってか、懐いてくれています。

後追いもするし、車に乗っていても後ろから私の肩にあごを乗せてきます。

無口だった彼女も、私から離れたら鳴きます。傍にいると鳴かない。

もう、何年も前からいるみたいに・・・・。

たった一日で、こんな状態でした。

もし、この子を見ていなければ・・・もう、この世にはいないんだ。と思うと寒気がして怖い世の中だと思いましたね。

たった一日で、私のことを信頼して全てを任せてくるんです。この子だけではなく他のワンたちも皆、そうなんです。

人間を、人を信じて付いてくるんです。

そんなワンたちを捨てる奴がいる。そんな人間にはなりたくないね。

27日、一時預かりさんと面接です。姫路から車で駆けつけてくれました。

グレート・デーンは超大型犬ですから余程、ワンの知識がないと飼育は難しい。

安心してお任せできる方でしたが、やはり・・・・、たった一日で別れるのが辛かった。

いいとこへ行くのだが、「たった一日」は、ジェーンも私も同じ思いだったのでは。

そんな目をして黙って、鳴かずに私の顔をじっと見ていました。自然に目頭が熱くなってきてたな。

人と犬は信じあうのに、そんなに長い時間は要らないな。と。

運があった奴だから、きっと幸せも掴むんだろな。

今日は、久しぶりにワンたちを助けている自分が好きになりました。

Template Designed by DW99