動物愛護団体ARK-ANGELS 代表ブログ「ずばり一言!」

レスキュー着手



人気blogランキングへ



24日、現場に行き犬猫のレスキューを敢行いたしました。
前にも述べたように、今回のレスキューは繁殖場の崩壊ではありません。
ブリーダー自らが連絡をしてきて、これ以上の飼育が限界である事と、この繁殖業界の汚さに嫌気がさして
廃業したいとの考えから相談を受けました。

今までと違うレスキュー依頼でした。
数回に渡り話合い、如何にこの子たちを普通の生活に戻して幸せに出来るかというお話しでした。
現状は崩壊寸前ではあるが、まだ良心があったから引き受けました。
ペット業界の裏側の隠された実態を聞いて、噂では聞いていたが実際に行われていた事情を聞いて、
驚く以上の酷い話を聞き、カミングアウトをしてもらうのが一番、業界へのブレーキになると判断したレスキューでした。
誰もが、一般の人が知らないペット産業の裏側を告白してもらうのが、一番、効果ある改善ではないかと考えての行動でした。

状況ですが、
現場で頭数をチェックしたら、なんと380頭もの犬や猫が居ました。
まだ未確認の部屋があるので400頭近くになるかもしれません。

緊急に手当てが必要な犬を12頭搬出しました。
うち3頭検査を受け2頭は入院でした。
血液検査の結果、白血球の数値が通常の倍もあり、なにかしらの感染症の疑いがありました。
その他の数値も異常値が見られて脱水状態で貧血であるとの診断。
引き続き、手当てをいたします。
現場に入る前日に2頭が亡くなっている為、予断が許せない状態です。

早急に全頭の健康診断が必要です。

シェルターでは現在、110頭近くの犬がいますので、全頭の搬入は困難です。
人手もいるし施設の拡充も必要です。
色々と思案をしているのですが、何をするにも人力、資金力が必要となります。

皆さまのお力をお貸しください。
人手、フード等の支援物資、支援金のご協力をお願いいたします。

皆で救いましょう。

どうか、善意ある皆さまのご協力を賜れますように宜しくお願い申し上げます。

レスキューの進捗状況は、活動日誌でご報告いたします。


今回、大規模のレスキューを行ったのには、前述のように大きな理由があります。
勿論、小さな命を救う事は最優先ですが、
今後、繁殖業界の悪慣習を断絶させ、犬猫の正常な飼育方法を見つめ直してもらう事に有ります。
諸悪の根源を断ち切らなければ、堂々巡りなんです。
法改正だけでは、その間に苦しみ、死んでいく犬や猫たちが後を絶たないのです。


生後8週齢の販売の件も法改正の場で議論されている事ですが、
この事も大事な案件ですが、
それよりなにより、繁殖場施設の健全化を求めたいと思います。

子犬はどの子も可愛いが、その子犬の親犬の飼育方法に問題があるのです。
産まれた子犬は商品です。
お金儲けの材料です。

しかし、親犬は過酷な環境で飼育をされているのが実態なのです。
殆どの繁殖業者は、施設を見せません。
見せられないのです。
糞尿に塗れた親犬を見せられないのです。
眼が失明していたって子犬は産めます。
毛玉だらけでも産めます。
爪が巻き爪になっていても産めます。
病気になっていても、です。

金儲けをしてくれる犬の健康状態が悪くてが劣悪な環境でも、飼育環境を改善をしないのです。
施設を綺麗に衛生的にしようとするにはお金が掛かりますが、設備にはさほどの資金を投入しません。
常日頃のケアも怠っています。

動物を金儲けの道具としか見ていないからでしょうか。
狂犬病予防注射も畜犬登録も、更に病気予防の混合ワクチンやフィラリア予防薬の投与もしません。

Angelsが保護した犬の中にはフィラリア末期の子がいます。
毎月1回、腹水を抜いていますが、半年を経過した今では腹水の溜まり具合が早くなり10日に1回のペースになっています。
老犬の為、手術もできず死を待つだけです。
フィラリア予防は飼主が気をつけて毎月1回の投与で防げる病気なのです。
これすらしていないのです。

命あるモノを命と見ず、道具としか捉えていないから病気予防もしないのです。
これが世に言う犬のプロでしょうか。
プロが聞いて呆れる。

こういった繁殖屋には犬を扱ってほしくない。
悪慣習を断ち切り、ペット業界は金儲けを優先するのではなく、健全な飼育をするように自助努力をすべきだ。
そんな連中が動愛法を改正する等、言語道断。

自分たちが、或いはペット業界が劣悪環境下で飼育している繁殖場施設を公開して、堂々と見せてみろ。
子犬を取引している競り市を一般人が見れるように公開してみろ。
魚市場でも生き物を取り扱っているが、市場を公開している。
犬市場だけだ。
秘密裏に行っているのは。

競り市のオーナーはペット小売業協会の役員で有ったり動愛法を改正する委員会のメンバーで有ったり、
正に損得勘定で、利害が損なわれるような法改正など、やる訳がない。
一般国民が糾弾しなければいけない事なのです。
声をあげて抗議をしなければ、いつまでも泣く犬や猫が増えるばかりだ。



保護した後が大変な活動になります。
皆さまのご支援を心よりお願い申し上げます。


統括が綴る「活動日誌」も併せてご覧ください。
http://teamangels.blog89.fc2.com/


大阪支部に滞在しているワン達の紹介です。
「天使達の笑顔 in osaka」も併せてご覧ください。

皆様のお力をお貸し下さい。
私達は、最善を尽くします。
しかし・・・今後、初期検査・不妊手術・ワクチン接種・狂犬病予防注射・蓄犬登録・・等など、膨大な費用がかかって来ます。
レスキュー基金へのご協力を重ねてお願い致します。<(_ _)>

レスキュー基金へのご協力をお願い致します。
一口¥3000で、狂犬病予防注射が、できます。
二口¥6000で、ワクチン接種が出来ます。
五口¥15000で、オスの去勢手術が出来ます。
そして、フード購入もさせて頂いております。
レスキュー基金申込みパソコンより
レスキュー基金申込み携帯電話より


物資送付先
NPO法人 動物愛護団体 ANGELS
滋賀エンジェルシェルター
〒520-1651 滋賀県高島市今津町酒波1186-2
0740-22-3000/FAX0740-22-5544

--------------------------------------------------------------------------------

【多頭飼育崩壊レスキュー】専用ページを立ち上げました。
宜しくお願い致します。

--------------------------------------------------------------------------------

大阪で「幸せを待つニャンコ達」の紹介ブログを立ち上げました。
みんな、どんどん変わって行きます。
お楽しみに♪

この記事のトラックバックURL

http://angels1947.blog104.fc2.com/tb.php/218-66b68b2d

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99