動物愛護団体ARK-ANGELS 代表ブログ「ずばり一言!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パブコメのご協力、有難うございました。

c_01.gif


人気blogランキングへ



多くの方々が、法改正に向けてのパブリックコメントに意見を提出して頂きました。
今回は、業界のやらせには負けないような感じがします。

これを受けて、環境省も真摯に法改正に尽力して頂けると思います。
国民の意見が動物たちを救う一歩になると確信します。

今尚、ANGELSにはブリーダー崩壊の通報が数件、入っております。
すべてを救うことはできなくても、少しでも救いたいと考えております。

福島県の原発事故も、いつまで待っても圏内には入ることが叶いません。
よって9月をもって一旦、滋賀の本拠へ移動をいたします。
状況が変われば、いつでも現地へ再出動ができるようにします。

おおまかな数字ですが、飼い主の元へ戻った頭数は60頭を超えました。
全体の20%です。
飼い主様が見つかり、お預かりをしている頭数も60頭を超えました。
これで全体の40%近くが飼い主の元へ戻る公算が立ちました。

これも一重にご尽力を賜ったサポーターの皆様のご協力の成果です。

感謝申し上げます。

今後は、滋賀の本拠地で、保護犬たちのお世話に重点を置いて活動を継続してまいります。
今にも増して多くのボランティアさんたちのご参加をお待ち申し上げます。

それともう一つ、嬉しいご報告があります。
春先より、シェルター外に出て保護犬たちの散歩を行っておりましたが、
この目的は、犬の散歩を通して、田畑の農作物を害獣から守る社会化実験を行っておりました。
勿論、近隣の農家の方々と話し合い、害獣を殺すのではなく、山里へ返す試みです。
犬を散歩するに当たり、指定された農地の周りを定期的に散歩し、犬の匂い、マーキングを行わせ、
害獣からは、他の動物のテリトリーを意識させて近づかないようにするためでした。

稲の刈入れ時期まで散歩を継続し、害獣が農作物を荒らすかどうかをチェックしていました。
8月までの刈入れ時期までには害獣である鹿、猪、猿がまったく姿を現さなくなりました。
農家の方は、これほどの効果が出るとは思わなかったと絶賛を頂きました。

他の地域でも同様の社会化実験は行われていましたが、
「モンキードッグ」とよばれる手法で、害獣を追い払うものでした。
今回、試験的に行った方法は、犬の足裏パットの匂いを田の畦道に残し、マーキングをテリトリーの痕跡として残す方法を使いました。
1日に数十頭もの犬を定期的に回ることにより、害獣たちは他の獣のテレトリーと勘違いして近寄りませんでした。

この方法を使えば、害獣を殺生して駆除せず山に返すことが可能になったのです。

今年の成果を見て、来年度も行うように話し合いました。
やっと保護犬たちが農家に対して貢献できる結果が出せたことは、喜ばしいだけではなく、
人と共生でき、農家の大切な農作物を守ることができたのですから、他の地域でも同様の社会化実験が可能だという証明になります。

この結果を踏まえて他の自治体にも広めていきたいと思います。




保護した後が大変な活動になります。
皆さまのご支援を心よりお願い申し上げます。

--------------------------------------------------------------------------------

緊急募集
滋賀シェルターでは、多くの被災犬達が移動してきました。
午前作業時間も午後3時頃までになっています。
夕方の散歩が終了するのは、遅い時で午後10時近くになっています。
人力が必要です。
特に平日ボランティア様のご協力を重ねてお願い致します。
*宿泊設備がございます*



*義援金のお願い*
細々した要請のある物資は、こちらで購入して搬送致します。
御支援者様へのお手間を省くとともに、今現在必要であるものを素早く確実に現場へ運ぶ事を目的としております。

お振込先
郵便局:口座番号:14630-16534321
口座名義:特定非営利活動法人 動物愛護団体 ANGELS
       トクヒ)ドウブツアイゴダンタイエンジェルズ

滋賀銀行:今津支店・普通口座・番号:598577
口座名義:特定非営利活動法人 動物愛護団体ANGELS
       トクヒ)ドウブツアイゴダンタイ エンジェルズ

*お振込の際は、「命のリレー義援金」と明記して下さい。
  明記出来ない場合、メールにてお知らせくだされば幸いです。



統括が綴る「活動日誌」も併せてご覧ください。
http://teamangels.blog89.fc2.com/



緊急:
滋賀シェルターでのボランティア様のご協力を重ねてお願いします。
被災地よりワンちゃん達が、続々とシェルターにやって来ています。
物資の整理など、力仕事が多く、大型犬が多いため人力が必要です。
宜しくお願い致します。
*宿泊設備がございますが、寝具が足りません。
ご用意下さいます様、お願い致します。

--------------------------------------------------------------------------------

滋賀シェルターで緊急に必要な物資のお願い
*猫砂
*トイレシーツ(スーパーワイド)
*犬用のおやつ

*ボランティアさん用のドリンクやインスタント食品のご協力を頂ければ、とっても嬉しいです♪


物資送付先
NPO法人 動物愛護団体 ANGELS
滋賀エンジェルシェルター
〒520-1651 滋賀県高島市今津町酒波1186-2
0740-22-3000/FAX0740-22-5544


--------------------------------------------------------------------------------




この記事のトラックバックURL

http://angels1947.blog104.fc2.com/tb.php/261-2a91c2f2

コメント

素晴らしいですね!
農家の方も農作物が荒らされないし、野生動物も駆除されなくていいし(ご飯食べれてるか少し気になりますが…)、ワンちゃん達もお外をお散歩できるし、誰も傷つかない皆喜ぶですね。
共存する方法って模索すればあるんですよね!ありがとうございます♪

金儲けの為に動物を心無い物のように扱う人間が法で守られない日本に変わりますように!!
社会貢献!
パブ・コメの成果期待できるといいですね!
わん達のお世話で大変なのに、地元の害獣の事まで、考慮されてたんですね。
ホントに頭が下がります。わん達もすばらしい人の元にいられて幸せですね。
素晴らしい!!
  理想の形ですね 人間と動物の共生。。とてもうれしくて涙ぐみました。 本来害獣なんていないのに。。。

   いつも動物達のためにありがとうございます  ずっと読者でした、代表がどんなに動物のために活動して、どんなに動物のことを大切に考えているのか言葉の端々から伝わってきます。

  強い意志で活動を続けてくださって
本当にありがとうございます スタッフのみなさんもありがとうございます!


   まだまだ長い道のりですが協力させてください  心から応援しています!
また10月か11月にありますね。その時も一致団結してがんばりましょう!

被災動物を保護した施設でパブリックコメントをとりあげている所はとても少なくて、がっかり。
支援物資した所もありますが、もうしないと思います。

こちらでは詳しくとりあげてくださいました。全体や未来を考えていることがわかります!
ありがとうございます!
素晴らしい!!!!!

共生できるのがすごい。
少しうれしくなりました。

いつもありがとうございます。
動物愛護に広がりを感じます。
殺処分なしの日本になるには動物取扱業者の問題が根本にあることをエンジェルスさんに学んだだけでなく、有害鳥獣の問題がワンコたちによって解決されそうだということ、ワンの立場にたち、とても嬉しく思います。ご判断と先見の目には感服いたします。ワンは癒してくれるだけではないのですね。
近隣の農家の方々との話し合いで保護犬たちの散歩はしてよいということになっているのでしょうか。
 いや~よかったですねぇ。みんなにとって良かったですねぇ。保護わんちゃんもお仕事で貢献しましたし、スタッフの皆さんも地域に貢献できて良かったですし、農家の方に利益がありましたし、野生動物は死なないで済みますし。こんないいことはしばらくぶりに触れました。うれしいですわぁ。
 何より貴団体が地域に一層受け入れられていくと思うとまったく部外者である私ではありますが、うれしいです。農家の方々がそちらの地域の気難しい方々へお話してほしいですわ。
素晴らしい活動です
どうぶつたちの保護活動に、また野生動物達との共生の為の活動。。。
本当に頭下がります。
なんでもかんでも何かあると「殺処分」とする政府や自治体に広く周知される事が
できればと思います。
命を尊重した活動いつも感謝しております。
ありがとうございます。

パブコメ送りました。
日本を・・命に対して暖かい国にしたいですね。
Re: タイトルなし
> 近隣の農家の方々との話し合いで保護犬たちの散歩はしてよいということになっているのでしょうか。
もちろん、近隣農家の方々とお話をさせていただき、了解も頂き、指定された農地周辺を散歩しておりました。散歩自体は許可の必要はありませんが、害獣駆除の方策として農家と相談し、社会化実験を試みました。その結果、今年は害獣が来なくなったことで、農作物の被害がなかったのです。
来年は範囲を広げてほしい旨、要請もありました。
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
いつもありがとうございます
被災地の犬の世話だけでも大変なのに、犬の散歩を通して農家の畑を守る実験をされてた
とは。本当に頭が下がる想いです。ぜひ他の地域でも試みて欲しいです。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。