動物愛護団体ARK-ANGELS 代表ブログ「ずばり一言!」

明けましておめでとうございます

新年、明けましておめでとうございます。

今年も犬に始まり犬に終わることになると思います。
大晦日に子犬を譲渡し、元旦から子犬を譲渡し、2日にも譲渡し、3日にも譲渡、今日4日は通報者からの連絡で、大阪市内で未明に火事があり一人暮らしの男性が死亡、犬を抱いての火災事故。という不幸な事件がありました。

火事現場から3頭の犬が主人とともに焼死。
残った5頭は、ケージに入れられたままの3頭が助かり、子犬2頭はガレージにて生き残っていた。

身内の会話の中で、残された犬は要らないが、残された財産は要るそうだ。
一人暮らしの男性は、親戚付き合いもしていなかったらしい。

こんな時は、常日頃うとましい変人の飼い主で付き合いも断っていたのに、すでに家の改装も考え、財産も狙っているのか。
故人は、親が残した家に住み、仕事もせず借家の家賃収入があって財産は残していたらしい。
犬を助けていた我々に、犬は触ってもいいが他の物には触らないように指示が出た。
あまりの身勝手に、「誰が触るかい!! 故人が飼っていた犬たちの今をを心配して来ているんや」と
つい、怒ってしまった。

こんな事なら、火事で亡くなったSさん、犬に財産をあげた方がよかったね。ご冥福を祈ります。
親族の結果が出るまで毎日、面倒をみるからね。
そしてあの世で、犬たちを虐待したことを詫びた方がいいよ。罰が当たったかも知れないよ。
私たちは、いずれにせよ犬たちは守ってあげるからね。

動物愛護の先進国では、飼主さんの残した財産は愛護団体に寄付するそうな。残されたワン達のために。
後進国のわが国では、残された財産は取り合い、残された犬は保健所か。

Template Designed by DW99