動物愛護団体ARK-ANGELS 代表ブログ「ずばり一言!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死の宣告

本日、ブルセラ現場に行き、山口獣医師、衆議院議員 藤野真紀子、府会議員 高辻八男、和泉市会議員 小林昌子、大阪市会議員 城谷たけお代理ら先生方が駆けつけて、処分撤回などを要請したが絶望的。
それどころか、本日2時、府庁記者クラブにて「ブルセラ病感染犬、陽性犬安楽死処分」を発表した。
明日27日、午前7時より現場より搬出、近くの信太山自衛隊演習場内にて睡眠剤致死量注射にて安楽死処分。
処分頭数、103頭。
マスコミ取材、カメラ持込撮影禁止。なぜなんだ。どうしてマスコミの撮影も禁止するのか。
報道の規制をする必要があるのか。国民は知る権利がある。

阻止するすべがないため、今夜から当団体を含む数団体に協力を要請しボランティア有志を集め、現場前に人間バリケードを敷き、阻止したい。(大阪市の長居競技場のホームレス排除の時と違い、強制排除の代執行は出来ないだろう。)

*今回、時間的な都合で処分を回避するためには実力行使しかなく、その後は法的に戦いたいと考えます。
成功するか否かは未定。まずは、罪のない犬たちの殺処分を阻止します。
これは日本初、いや世界でも例の無い行政の暴挙です。
(今夜から明け方未明、マスコミも駆けつけて取材します。が、撮影は禁止だそうです。)
弱い者達の味方になって最後まで諦めずに頑張ります。



今日、処分日を決定し明日の朝7時に処分開始。

と言う事は、既に数日前から決めていての段取りに違いない。

そこまでして殺すことに何の意味が、必要性があるのか。もっと、庶民に説明をして理解を求めてからでも遅くは無いのではないか。一部の心無い行政の傲慢ではないか。

もう一度、人間の心に戻って考えてはくれないのか。
治療をしてからでも遅くない。この子達は人間の勝手で病気になったんだ。

最後の夜を迎えた陽性犬たち、最後の晩餐を終え、今は静かに眠っている。

もう、明日は無いのも知らずに。

お世話をしてきたボランティアさんたちは、最後のお別れをしていた。涙なしでは語れない結末だ。

動物に優しい行政にはなれないのか。太田大阪府知事殿、これでいいのか。
子供達に、どう説明するのか。
許されるべき行為ではない!!


動物愛護団体
ARK-ANGELS(アーク・エンジェルズ)

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。