動物愛護団体ARK-ANGELS 代表ブログ「ずばり一言!」

東北地方大震災から丸6年が過ぎました。

東北地方大震災から丸6年が過ぎました。

3・11から二日後、私たちは、高速道路を新潟周りで迂回し、現地に居た。

278.jpg
3・11から、直ぐに現地に行き、無人化した町に入りました。
犬だけが、あちこちに餌を求めて放浪していました。

391.jpg
牛たちも、街中を放浪していました。

393.jpg
コンビニの横を牛たちが移動していた。
まるで、映画のセットみたいでしたね。

308.jpg
原発崩壊後、放射能が蔓延して、防護服が無い私たちは、自前のカッパを購入して、自身の身を守りました。
20km圏内の犬を保護して、行政の職員さんから、スクリーニング検査を受けて、県外から出ます。

315.jpg
海外からの愛護団体の支援もありました。

318.jpg
この団体のメンバーと一緒に、20km圏内に入り、活動しました。
海外では、当たり前の事が、日本では、当たり前ではない。
海外のメンバーは、エンジェルズに対して、「日本にも、レスキュー団体があるんだ」と驚かれたのが、印象的でしたね。

412.jpg
原子力発電の双葉町商店街 入口、大きな看板が目立っていた。

411.jpg
無人化した双葉町

401.jpg
第一原発の看板、今では…

395.jpg
あちこちで、牛が放浪…


早いものですが、まだ、東北地方では復興途中です。
未だに、震災時に救護したワンたちが、滋賀シェルターに滞在しています。
飼い主が迎えに来ない犬たちが、待ってます。
忘れられたのでしょうか?
それとも、迎える場所がないのでしょうか?

どんな事情があろうとも、ワンたちは、家族のお迎えを、じっと待ってます。

災害は、いつ何処で起きても不思議ではない。

南海トラフも噂されて、随分となります。

東北地方大震災時から、各地でも災害が起きています。

最近では、熊本地震が起きましたが、
そのたびに、救護活動を行っていますが、いつも、動物たちが、二の次、三の次です。
だからこそ、エンジェルズは、救護に向かいます。

少しでも、被災者の為に成れればと考え、行動にうつしています。

復興の暁には、家族の元へと帰れるようにと、一時預かりをしているのです。
家族を亡くし、家を失くし、そんな時、可愛がっていた家族であるペットが、生きていて会えることが出来ればと、
心の支えになれればと、それだけを願い、活動をしています。

449.jpg
南相馬市
漁船が打ち上げられてた…

461.jpg
全てが津波で流されて…

462.jpg
何も残らず…


463.jpg
そんな中、1頭の犬が…
この子は、救えましたよ。
そして、新しい家族の元で、幸せに暮らしています。

476.jpg
全ての家屋が、流されて、海岸が 見えてる。


いつ起こるか分からない災害に備えて、備えの準備と心構えはしておきましょう。

滋賀シェルターでは、何時でも、万が一の為に、収容スペースを用意しています。
最大で300頭は収容できるスペースを確保しています。

東北地方大震災では、約350頭を一度に救護しました。

収容スペースがあっても、人手が必要ですので、
ボランティアさんの参加が必要です。

有事の際は、沢山の方々が集まってくれますが、その後は、徐々に少なくなります。

困ったときは、お互い様です。
助け合い精神を、いつも、持ちたいですね。

537.jpg
双葉町から浪江町

534.jpg
牛たちが餌を求めて…

528.jpg
道路が寸断されてた…

527.jpg
それでも、前に進んだ
この段差を 飛び越えて!!

538.jpg
殆どの道路が、こんな感じだった


自治体の収容スペースは、狂犬病予防法の観点から、
そんなに多くのスペースがありません。
民間のシェルターの方が活躍できるのです。

万が一の為の備えに、協力体制を、常日頃から行うのが、ベストですね。

と、いつも考えているのですが、
自治体からの要請や収容スペースの相談は、一件も有りません。
災害が起きてから…と考えているのでしょうかね。

全国の自治体の動物管理センターを見れば、6年経った今でも、施設は、そのままです。
万が一に備えた増設スペースは皆無です。

何かが起きてから、動くのでしょうね。
教訓が生かされてないけど…

それでは、遅いんだけどね。

私たちは、災害地域内では、車中泊、そして、食事も途中のSAで買い求めた。
車のガソリンも、被災地内のGSでの給油所では入れないようにした。

被災者の為に、です。
だから、20km圏内で活動後、新潟県まで走り、給油して、また、現地入りを繰り返した。

福島県、宮城県内のコンビニでは、おにぎりを飼わないで、高速道路のSAまで買いに走った。
一つでも減れば、被災者の迷惑になるから。

自衛隊の炊き出し  私たちは、一杯の味噌汁も貰わない。

これらすべてが、私たちのルール。

被災に遭われた方々の、邪魔にならぬよう、迷惑にならぬように、行動しなくてはいけない。

私たちは、支援に行っているので、

そして、何も、失っていないのだから…


何か、起きれば、私は、

いつも

次の日には

被災地に 立ってます。



c_01.gif

人気blogランキングへ
↑ ポチッと!! よろしく


『NPO法人 動物愛護団体 ANGELS』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。~ NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) ~
↑ ポチッと!! よろしく

この記事のトラックバックURL

http://angels1947.blog104.fc2.com/tb.php/532-0696738b

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99