動物愛護団体ARK-ANGELS 代表ブログ「ずばり一言!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捨てたもんじゃない

1月29日は第4回譲渡会&バザーが開催されました。
早いもので月1回の開催が4回目になりました。
保護犬も回を重ねるごとに増え、今回は25頭のエントリーでした。
来場者数も前回(約300人)を大きく上回りました。400人近くは来られたでしょうか。
段々と関心度が高くなってきています。
そして、物資のご協力や支援金、ご寄付も多くなりました。

開催日の1週間前から、スタッフは大忙しです。
スタッフの皆さんは日ごろ、主婦をされている方がほとんどです。
時間が空いた方たち(いや、無理やり時間を作っての方が正しい)
が自主的に来られて作業や準備をされています。
毎日のように、電話やメールにてお手伝いのお申し出も多くあります。

いかに動物愛護に関心を持たれている方が多くなってきているか、その証でもあります。
この活動が全国に広まり、国全体が欧米のように「ノー・キル・シティ」を作れればいいと思います。

今回の譲渡会で嬉しいことがありました。
小学生のお子さんを連れたご家族が来られました。
物資を持って来られ、何かの足しにしてください。と。
そしてお子さんからと祝い袋を渡されました。中には子供のお小遣いでしょう。
千円札が3枚入っていました。
お子さんが自分でHPを見て、親から今のワンたちの現実を教えられて
自主的にすすんで寄付をすると言ってくれたそうです。

親の教育もありますが、子供自身が素直にそういう愛護精神をもって考えてくれている。
この事が一番大切な事であると思いました。
前回の譲渡会でも手紙で応援の言葉を頂き、お小遣いを寄付してくれた小学生がいました。
そして低学年でしょうね、犬の絵を書いて送ってくれました。
将来は、アーク・エンジェルズのように犬を救うんだと言ってくれてました。
世界中の犬を救ってください。とエールもくれました。

純粋な心で素直に犬たちを可哀そうに思い、助けたいと考えてくれました。
心、洗われる行為ではありませんか。

大人の心も洗われる思いでした。
世の中、大人も子供も捨てたもんじゃない。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。