動物愛護団体ARK-ANGELS 代表ブログ「ずばり一言!」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶつぶつ・・・・。

毎月の譲渡会が盛大に開催されて多くの方が来られ里親がどんどん決定しました。
そして不幸な過去を持つワンたちが幸せの旅に出て行きました。
「もう二度と不幸になるなよ。」と送り出しました。

その一方、今回も里親候補が出なかったワンは、またホストファミリー宅に逆戻りです。
我が家にもトライアルで出たワンが戻ってきました。
縁がなかったのでしょう。
理由は問うまい。
人間だって、縁があり結婚しても別れるカップルもいるんだから・・・。
内心、「辛抱が足らないんやなぁ・・・。」とぶつぶつ・・・・。

(神様の話)
人間社会では、よく言う話だが
現世においては、相性や性格の合わない者同士を添わせるらしい。
そして現世で苦労をさせて人格を築き幸せを共に作ろうとさせていると聞く。
あの世に行けば他人。
「もう一回、生まれ変わったら又、一緒に夫婦になろうね。」と夫が言う。
妻は内心、「もうお断り!!今度はもっといい男と一緒になるよ。」だってさ。

ワンたちも言ってるだろう。
「今度、生まれ変わったら人間になろう。そして飼主になって俺たちをもっと可愛がる人間になろう。」と。
そして「商売で繁殖させて子犬を販売するなんて事は絶対にしないよ。」とも。

神様は言ってたそうな。
動物は子孫繁栄の為に交尾をする。自然な行為である。
人間は「子孫繁栄」とプラスアルファ「快楽」を加えたそうな。
そこだけが「違い」らしい。
その分、知能指数も上げて考える思考能力も付けたらしい。
そんなアイテムを加味してもらっているのに、「小さな命」を粗末にする輩がいる。
嘆かわしい・・・・。

だんだん、書いているうちに横道に逸れそうだ。
言いたいことは、「良い縁、巡り会い」である。
犬という動物は、飼主がどんな人間でも「合わせて暮らせる」ものだ。
短気な人でも気長な人でもだ。
合わす事が出来ないのは、人間の方だということだ。
我が団体は正式譲渡をするまでに「トライアル制度」を設けている。
その家庭に合うか合わないかをお試ししてもらう制度である。
1~2週間の期間。その間で先住犬や家族との相性をみて正式に飼育できるかを決めてもらうのである。
たった1~2週間、犬には充分な期間である。3日、飼ったら恩は忘れないと・・・・。
でも人間はそれでも合わないからと返してくる。
何が気に入らないのか、よくわからん。
先ほど、書いた神様の話をもう一度、読み返してもらいたい。

犬より思考能力を持つ人間が大きな広い心で「小さな命」を迎えてあげなければ
誰が迎えるんだよ。合わせるのは犬ではなく人間だよ。

ぶつぶつ・・・・・・・・・・・。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。